地形学の視線で見たこと,感じたこと


by kumakuma1103

K君が本を出版したようです。

ブログをやらないといいながら,
群馬関係だけは更新しておきます。

今日D君からメールがあり,
私のブログでも少しでてきた,
日本史のK君が本を出版したとの連絡をもらいました。

『伊勢崎藩(シリーズ藩物語)』現代書館

現在,彼は高校の先生をしているのですが,
それでいて,単行本を書くとはすごいですよね。
一昔前には,高校の先生にも市町村史を書いたりする猛者がいましたが,
最近はあまり聞きませんでした。
地元のことを調べて成果をだすのは,
その高校の生徒に対してもいい影響をもたらしますよね。

昨日は,広大の修士論文発表会でしたが,
その後の懇親会では,
研究を続けて欲しいといいましたが,
それを体現しています。

ちなみに,このK君がでてくる僕の記事は以下の4本(だと思います)。






PS 新上毛かるたはちょっと納得いかんなぁ。
日航機事故をなぜ2句も読むのかわからんし,
畜産の句がないのも群馬をあらわしとらん。
まあ私の句が採用されなかった腹いせですが。

今週末群馬,2月末も群馬へ行きます。
今も変わらず,群馬へちょこちょこ行っています。

名前
URL
削除用パスワード
by kumakuma1103 | 2018-02-07 12:39 | 雑記 | Comments(0)