人気ブログランキング |

地形学の視線で見たこと,感じたこと


by kumakuma1103

広島の氾らん原

Imさんへのコメントに関連して.

太田川の氾らん原の明治の地形図.
これも怒られそうなので,モザ入
d0179225_8235340.jpg






d0179225_8244839.jpg

少しだけモザなし.
赤は授業で歩いたところ.
A地点は小扇状地(沖積錐)の扇端で
湧き水がかつて出ていたところ.
緑井の語源.
ちなみに山と平野の間にある
沖積錐の起源はこれ.
d0179225_8383418.png

広島県は日本一の土石流危険渓流の数を誇ります.
約1万カ所.



B地点は太田川の旧河道.
水田の土地利用でわかります.
現在は七軒茶屋駅としても利用.



古川と太田川に挟まれた
川内は明治以前から堤防に囲まれた
「輪中」のような構造になっています.
水屋みたいに納屋が高くなっている
古い家もあります.
by kumakuma1103 | 2014-05-29 08:30 | 広島の地理・地形