人気ブログランキング |

地形学の視線で見たこと,感じたこと


by kumakuma1103

図書館の本

3コマの授業準備がまだなのですが,
更新意欲が湧いてしまい,
少しだけアップします.

高崎市立図書館でたまに本をかります.
子供向けの本には,
紛失防止用だと思いますが
本のカバーと冊子をテープで
留めています.

d0179225_10162817.jpg

その結果,裏表紙に書いてある内容が読めないことも.
ファーブルがフンコロガシの卵を
30年間来見つけられなかったところ,
ようやくみつかった内容の文章が書いてあるはずなのですが,
いいところでカバーを留めているので読めない.
これには少しいらっときました.

機械的にテープを留めるのではなく,
文字が裏表紙にあるなら留めない,
あるいはコピーして読めるようにするなどの
配慮があってもよいと思います.

前に高崎市立図書館に別の意見を
メールしたことがありますが,
返事はなかったし,
改善している様子もないので,
まあこんなことをメールしても
また無視されそうなので,
連絡はしませんが.
と少し嫌みをこめて.

あっ,でも高崎市立図書館は
かなりいいと思いますよ.
なぜか新刊の「氷河地形学」も置いてあるので.
どれだけ需要があるのかわかりませんが.


(追記)
同じシリーズのカマキリの巻だと、
きちんとカバーの折り返しを切っていて
裏表紙全部読めました。
その記事はこちら

なので、ちょっと言い過ぎています。
by kumakuma1103 | 2011-06-30 10:25 | 雑記