人気ブログランキング |

地形学の視線で見たこと,感じたこと


by kumakuma1103

高崎市立図書館にて

今日は,だいたい2週間に1度通っている,
高崎市立図書館へいきました.

この図書館,
まあ自分の専門の地形学や地質学に限っての話ですが,
かなり品揃えがよいのです.
今年1月に発行された
日本列島の地形学」もすでに置いてあります.
図書館の職員の方の中に,
この分野が好きな人がいるのでしょうか?

この図書館のすごいところは,
基本的に1週間いつでも空いていること,
月曜日を除く平日が夜7時まで空いていることです.
ユーザーフレンドリーな施設だと思います.

いつ行っても,人が多くて,にぎわっていることです.
まあ館内が狭いからというのもあるでしょうが,
県内の他の図書館よりも人が入っている感じがします.

なお,市役所近くの街中に移転が決まっていて
現在,新築工事がはじまっています.
これだけ多くの人が集まるのですから,
空洞化しつつある街中の活性化に
役立てることもできるはずです.

ちなみに,何の本を借りているのか?
授業準備で必要な本を借りています.
前期では,日本国内の世界遺産の特徴を
地理学的な視点・見方から講義する授業をしています.
子供向けの本が
わかりやすいイラストを使っていて,
文章ばかりの本よりも,
よほど授業に使えるのです.

授業の中身についてはまた後日.

ちなみに,今日は,社会専攻のYさんが
図書館のアルバイトとして,
窓口で働いていました.


by kumakuma1103 | 2010-07-03 22:04 | 雑記