地形学の視線で見たこと,感じたこと


by kumakuma1103

I先生とのお別れ

 7月15日,この10年間親しくして頂いた,
I先生が突然お亡くなりになりました。

僕が広島から群馬にいったときに,
I先生は同じ講座の教員としておられました。
同窓の後輩として目をかけて頂きました。

ずっと群馬の地形を調べているようだから,
群馬大学と上毛新聞が共同でだしている
ブックレットに本を書いてみないと
I先生が知り合いの先生に声をかけてくれたことが,
「上州中山道の地形散歩」を書くきっかけとなりました。

その後,僕が群馬から広島に戻るときに,
残念そうな顔と母校に戻ることへの
期待をかけて頂きました。
それから,すぐあとに,
I先生も広島の私立大学へ異動。
君を追いかけてきたようなものだなと
笑い話に。

それからだいたい半年に1回ほど,
広島駅前の源蔵で飲み会をすることに。

群馬出身で教社の大学院にいたI君や
群馬から遊びにきてくれたHa君,
今博物館の非常勤をしている伊勢崎出身のF君,
そして,倫理のM先生の教え子で,
広大で学位をとったS君と,群馬しばりで
楽しく飲んだことももうできなくなりました。

I先生としゃべっていると,
実は,ぼくはエスキーテニス部だったんだと話になり,
昔は,安田学園の隣にコートがあったんだよと。
それから,僕はエスキーテニスを少し調べはじめ,
先日出版した,地歴ウォークでエスキーテニスについて
簡単にまとめました。
I先生の話からまとめましたと,
最後の飲み会で本を謹呈しました。

豪雨災害の後,
呉市広に住まわれていたことで,
お伺いのメールを出したところ,
すぐに,不便だけど大丈夫。
妻も元気ですとの返信。
まさか,その数日後になくなられるとは
思いもしませんでした。

もともと体調がよいとはいえなかった先生でしたが,
いつも私と会うときは,
にこにこしながら,
馬鹿話に付きあっていただきました。
通夜で最後のお別れをしました。
いつものやさしいお顔だったことは
わすれないと思います。

合掌

[PR]
# by kumakuma1103 | 2018-07-19 14:28 | 雑記 | Comments(0)
 この1ヶ月やっていた仕事が一般公開となりました.詳細はこちらをご覧ください.
結構勉強になるはず.地震の展示なのに,地震学がないのが一番斬新か.





[PR]
# by kumakuma1103 | 2018-07-02 19:46 | 群馬の地理・温泉 | Comments(0)

Tさんの被爆地図

僕が昔からお世話になっているTさんの昭和20年8月6日,7日の行動の地図.
原爆投下時には中山トンネルの汽車の中だったとのこと.
旧制広島市立中(現基町高校)は
多くの生徒が建物疎開作業で亡くなったことで知られていますが,
たまたま軍の仕事で,その日芸備線に乗った生徒もいたんですね.
図をつくりながら,人の世の無常さを感じました.

翌日,通学したとのことで,
点線のルートを歩いたとのこと.
さすが日本人というかなんというか.
d0179225_23150351.jpg
[PR]
# by kumakuma1103 | 2018-05-20 23:24 | Comments(1)

平安時代の官僚の服

d0179225_21120345.jpg









たねたねさんのリクエストで,上着の色を
当時の官職の色に合わせました.

郡司:深縹(こきはなだ)色 C63, M44, Y0, K55
国司:浅緋(あさあけ)色 C0, M49, Y56, K13
太政官:深紫(こきむらさき)色 C18, M38, Y0, K65

明治の「郡」制というのは
平安時代の「郡」を思い起こさせ,
天皇制の復活を意識させる
壮大な取り組みなんでしょうかね.
門外漢ですが,気になりました.


[PR]
# by kumakuma1103 | 2018-05-20 21:19 | 群馬の地理・温泉 | Comments(0)

地歴ウォークが新聞に

3月に書いた本が中国新聞で大きく取り上げられました.

d0179225_15184891.jpg


























書いた本人がいうのも変ですが,
リーズナブルでいい本だと思います.
ぜひご購入ください.
私には1銭も入ってきませんが.

から

[PR]
# by kumakuma1103 | 2018-05-20 15:22 | 広島の地理・地形 | Comments(0)