人気ブログランキング |

地形学の視線で見たこと,感じたこと


by kumakuma1103

三島の本宿用水

三島に来ております。伊豆ジオパークや「ふじのくに地球環境史ミュージアム」の学芸員の方に聞き取りをして,どのようなコンセプトで立ち上げたのか,現在の取り組みなどについて詳しく伺うことができました。で,「ふじのくに地球環境ミュージアム」からの帰り道に,伊豆ジオパークのサイトを街中で見つけました。黄瀬川にある鮎壺の滝というもので,落差10mの滝があり,1万年前の噴火に伴う富士山から流れた溶岩の末端にできていました。




 溶岩は硬く侵食が進まないので,滝ができました。しかし面白いのは,溶岩が覆った下の地層が,噴火前の地層が,火山灰や土壌という軟らかい地層であったため,下の地層が先に侵食されてしまい,オーバーハング状態となり,ブロック状に溶岩が河床に落ちていき,結果として谷頭侵食が進んでいるようです。 鮎壺の滝の上には,用水路の頭首工があり,「本宿用水(ほんじゅくようすい)」に流す水をここから取っていました。滝近くと用水沿いに解説がありましたので,まとめると以下の通り。

d0179225_07281732.jpg

・(慶長8)年に興国寺城主天野三郎兵衛康景が黄瀬川から取水して本宿の山麓扇状地に水をおくる「本宿用水」をつくったこと。
・頭首工の部分を「新井堰」と呼んだこと。
・隧道(トンネル)があり,当初は280間であったこと
・安政の大地震(1854年)によって,隧道が陥没したこと。・領主から230両と,借金をして,新しい隧道を掘削したこと。 まあ,当たり前の疑問ですが,なぜにトンネルという面倒な構造物を掘らないといけないのかが気になりますね。

 で,早速,用水路に沿って歩きます。現在のトンネルの入り口。

d0179225_07460718.jpg




トンネルの出口は,企業の敷地内。なので,敷地からでてくる用水路はこちら。




 さてトンネルを掘った理由ですが,単純にいうと,鮎壺の滝から下流では,水田のある地形と河床に7m程度の高低差が出てくるので,高い位置にある鮎壺の滝の上から水を取ってくるためです。

d0179225_07212258.jpg

ただ,通常であれば,トンネルではなく,川沿いの段丘崖に水をつくるのですが,ここではその方式をとらなかったようです。考えられるのは,川が蛇行していて,水路のところが攻撃斜面にあたるので,それをいやがったのかもしれません。いずれにせよ,トンネルを掘ったことで安政の大地震が起こるまで250年にわたり安定して水を送ることが可能となったのです。川沿いの段丘崖沿いに水路を作ったのであれば,何度も修復する必要はあったと思います。あとは,掘るのがさほど難しくないほどの硬さであることが必要かと思います。





 さて,水はどの水田を涵養していたのか。地形的な話でいえば,ここはIIII面の段丘面に区分されます。I面は溶岩の堆積面かも。

d0179225_07193865.jpg


 高度を考えれば,おそらくはIII面の水田に水を送っていたはず。最近はこちらからgoogle earthに古地図を載せることができるので,そこから地図をつくってみました。思ったように,III面に水田がありました。


水路の隧道としてはかなり初期のものではないでしょうかね。




# by kumakuma1103 | 2019-06-11 07:32 | 街道・用水と地形

ドローン撮影


昨日撮影したドローンの写真.芝桜が満開でした.
d0179225_15354411.jpg

こちらは千足池の様子.撮りたかったのは貯水池ではなく,円筒分水.

d0179225_15354476.jpg

# by kumakuma1103 | 2019-04-19 15:37 | 広島の地理・地形

気になること

「沈黙が愛なら」という結構いい曲があって,
よくきいているんですが,
最後のほうでネットであがっている歌詞と
歌っている歌詞がどうにも違っている部分があり,
書いておきます.

3:20あたりですが,
もしそうなら 勇気出して 僕は君の目を見て
話しかけるだろう
サヨナラでも....
の「サヨナラでも....」は
「サヨナラでも....」とは絶対に聞こえません.

私に聞こえるのは,
「つまらぬもの....」ぐらいですね.

意外と「つまらぬもの」でも歌詞全体の意味は通りそうですが.

ネットからのDownload版なのですが,
CD盤だと「サヨナラでも....」なんですかね.

# by kumakuma1103 | 2019-04-19 14:18 | 雑記

断層桜

熊本地震でちょうど地震断層の上にあったしだれ桜.
以前地震直後の写真をこちらでアップしました(こちら).
熊本大の先生から現状を送って頂きました.
幹が断層によってずれましたが,元気に育っているようです.
花はもう少し前だったようです.

d0179225_20160850.jpeg
d0179225_20160495.jpeg

# by kumakuma1103 | 2019-04-10 20:17 | 活断層

I先生とのお別れ

 7月15日,この10年間親しくして頂いた,
I先生が突然お亡くなりになりました。

僕が広島から群馬にいったときに,
I先生は同じ講座の教員としておられました。
同窓の後輩として目をかけて頂きました。

ずっと群馬の地形を調べているようだから,
群馬大学と上毛新聞が共同でだしている
ブックレットに本を書いてみないかと
I先生が僕に声をかけてくれたことが,
「上州中山道の地形散歩」を書くきっかけとなりました。

その後,僕が群馬から広島に戻るときには,
残念そうな顔を浮かべながらも
そしてお互いの母校に戻ることへの期待をかけて頂きました。
それから,すぐあとに,
I先生も広島市内の私立大学へ異動。
君を追いかけてきたようなものだなと
笑い話に。

それからだいたい半年に1回ほど,
広島駅前の源蔵で飲み会をすることに。

群馬出身で教社の大学院にいたI君や
群馬から遊びにきてくれたHa君,
今博物館の非常勤をしている伊勢崎出身のF君,
そして,倫理のM先生の教え子で,
広大で学位をとったS君と,群馬しばりで
楽しく飲んだことももうできなくなりました。

I先生としゃべっていると,
実は,ぼくはエスキーテニス部だったんだと話になり,
昔は,安田学園の隣にコートがあったんだよと。
それから,僕はエスキーテニスを少し調べはじめ,
先日出版した,地歴ウォークでエスキーテニスについて
簡単にまとめました。
I先生の話からまとめましたと,
今となっては最後の飲み会で本を謹呈しました。

豪雨災害の後,
呉市広に住まわれていたことで,
お伺いのメールを出したところ,
すぐに,不便だけど大丈夫。
妻も元気ですとの返信。
まさか,その数日後になくなられるとは
思いもしませんでした。

もともと体調がよいとはいえなかった先生でしたが,
いつも私と会うときは,
にこにこしながら,
馬鹿話に付きあっていただきました。

通夜で最後のお別れをしました。
いつものやさしいお顔だったことは
わすれないと思います。

合掌

# by kumakuma1103 | 2018-07-19 14:28 | 雑記