地形学の視線で見たこと,感じたこと


by kumakuma1103
書くのが面倒になったので
写真のみ。
d0179225_9405135.jpg

d0179225_9405796.jpg

d0179225_941959.jpg


やっぱり中山道の方が楽しそうですな。
無理矢理,東海道をアピールしていますが,
それを思い起こさせる建築物や施設がないのが
仕方ないとはいえ,残念です。
[PR]
# by kumakuma1103 | 2016-08-27 09:43 | 街道・用水と地形 | Comments(2)
 あと,おもしろいと思ったのは,
六郷川(多摩川)に家康は当初橋を架けたと書いてあること。
その後洪水で橋が流された後は,架橋しなかったとあります。

これが事実なら,東海道がよこぎる大きな川で架橋しなかった理由として,
江戸の守るためにあえて架けなかったというよりも,
単に洪水に耐える橋を架ける技術がなかったという方がしっくりきます。

個人的な思い出ですが,
多摩川の梨狩りへ幼稚園児の時に親に連れて行ってもらったのですが,
ここがその梨園の発祥なのか。
梨園にはやたらと蝉がいたのを思い出します。
多摩川の自然堤防や砂州に梨園があったのだと思います。
d0179225_938413.jpg

d0179225_938897.jpg

d0179225_9381170.jpg

d0179225_9382941.jpg

d0179225_9383457.jpg

d0179225_9383621.jpg

d0179225_9383928.jpg

d0179225_9384132.jpg

[PR]
# by kumakuma1103 | 2016-08-27 09:39 | 街道・用水と地形 | Comments(0)
 解説文を読むと,もともと高いところにさらに盛り土をしたとのこと。
それはありうると思います。
多摩川のたもとなので洪水対策ですね。
中山道の河渡宿のように。
田中休愚という人はどこかで勉強したような気がしましたが,
どこで習ったのかを忘れてしまいました。

 看板をみると,ここ川﨑宿では助郷制度がかなり疲弊しているのがわかります。
どうしても中山道と比較してしまいますが,
中山道はそこまでの疲弊はないので,
往来の多さ,多摩川の川留めにともなう拘束期間の長さによる
徴用された近隣住民の不満などが著しかったのかもしれません。

d0179225_9344573.jpg

d0179225_9342435.jpg



間口が狭く,奥行きが長い街道筋の地割りを反映したマンション
d0179225_9345539.jpg

[PR]
# by kumakuma1103 | 2016-08-27 09:35 | 街道・用水と地形 | Comments(0)

東海道川﨑宿を歩く

川﨑にいます。
東京にて6日間仕事で,東京に連泊できるホテルがなかったので,
川﨑駅前のホテルに泊まっています。

2日間,冷房の効いた部屋に居続けたため,
運動したくなりと朝歩くことにしました。

もちろん,歩くのは東海道,江戸から2番目の川﨑宿。
ホテルに行くまでの間に,1m程度登ってすぐに下がるところを横切りました。
浜堤だろうなと思ったら,一番高いところに東海道の看板。
これが気になったので,今朝はそこを歩いて行きます。
d0179225_9322149.jpg

d0179225_9321748.jpg

d0179225_9321321.jpg

d0179225_932101.jpg

[PR]
# by kumakuma1103 | 2016-08-27 09:33 | 街道・用水と地形 | Comments(0)

ヒマラヤの歴史地震

ArcMapを活用して
ヒマラヤの歴史地震分布図を作成.
先日の範囲よりも広いものが欲しいという依頼があり,
作りました.

d0179225_14212350.jpg

[PR]
# by kumakuma1103 | 2016-08-24 14:21 | ヒマラヤ | Comments(0)