地形学の視線で見たこと,感じたこと


by kumakuma1103

<   2013年 12月 ( 27 )   > この月の画像一覧

疲れ果てた

 集中講義をはじめてやりました.3日でやるのはちょっと無理が….一日巡検をいれたものの,それもまた肉体的に疲労.8km程度歩きますと言ったものの,巡検終了後,受講生からスマホによる距離計を見せられ,「18km」であったとのこと.サギに近い.次回はもう少し距離を減らして行きたいと思います.本当は,見学施設を盛り込むといいんですが,総社資料館は休館中ですしね.
 一方,座学も長過ぎ.今度集中講義をすることがあるときは,4日間にしようかなと思っています.
 今日から大掃除+年賀状書き 

[PR]
by kumakuma1103 | 2013-12-28 08:09 | 雑記 | Comments(1)
もう疲れましたので,とりあえず今はここまで.


古市小からは安川の旧河道沿いを歩きました.
d0179225_02393174.jpg
d0179225_02393610.jpg





 JR 古市橋駅.本番ではここをゴールにします.古市橋の「橋」はいまはなき安川にかかる橋からつけられています.今は全く水気を感じませんが.
d0179225_02393987.jpg
d0179225_02395090.jpg







まだ時間があったので,下見ではさらに下流に進みました.再び八木用水に.
d0179225_02395895.jpg



「うのすけ」って誰?八木用水をつくった人ですね.桑原卯之助という方.
d0179225_02400275.jpg





この辺りが西原.まさに江戸時代水不足に悩んでいた地域.この地域に水を送るために延々と用水路が引かれてきたのです.
d0179225_02400753.jpg

[PR]
by kumakuma1103 | 2013-12-24 02:45 | 広島の地理・地形 | Comments(2)
都市化が進む地域に入ってきました.完全に僕の生活圏でもありますが.
d0179225_02295248.jpg
d0179225_02294069.jpg


安川の旧河道と堤防.現在は公園に.
d0179225_02294395.jpg


d0179225_02295871.jpg


この辺りになると用水沿いを歩けなくなります.
d0179225_02300237.jpg





この直線的な道は,可部線の前身,軽便鉄道の廃線跡.
d0179225_02300626.jpg



いや,狭い.
d0179225_02301068.jpg



毎日僕がバス停まで通う道すがらにある交差点.いつも見慣れているところも用水路を軸にあるくと風景が違って見えます.まあ今度歩く学生さんは初めての土地なのでそういう違いはでてこないと思いますが.地元の方が歩くと面白いと思いますね.
d0179225_02301526.jpg



八木用水と看板.この右側は古市小学校.つれあいの母校.
d0179225_02302318.jpg
d0179225_02301850.jpg



[PR]
by kumakuma1103 | 2013-12-24 02:37 | 広島の地理・地形 | Comments(0)
気分が盛り上がって寝られません.



午後も歩き通し.正面の高架は山陽自動車道.
d0179225_02200487.jpg



確かに危ない
d0179225_02201579.jpg


用水路を見つめるお義父さん.
d0179225_02202080.jpg



見つめていた先はこちら,安川の下を八木用水がくぐる前のトラップ.ここでゴミを集めます.逆サイホンなので川の下の土管にゴミがたまらないための工夫.お義父さんは,この辺りの生まれなので僕よりも遥かにこの辺りのことを知っているはずですが,しらなかったとのこと.家はすぐそこですけど.
d0179225_02202443.jpg


この安川の下を八木用水が通っています.ちなみにこの安川の河道は昭和 30年代につくられた新しい河道.河道を作る際に河床の下に八木用水を通す管をいれたはず.
d0179225_02202914.jpg


上の写真と同じ位置で上流側みたところ,旧安川はここから左に曲がっていました.
d0179225_02203308.jpg


安川の旧河道.現在は河道は埋められて公園となっています.前にみえるのはアストラムライン.
d0179225_02203922.jpg















安川の下からでてきた八木用水.
d0179225_02204458.jpg


[PR]
by kumakuma1103 | 2013-12-24 02:28 | 広島の地理・地形 | Comments(0)
旧河道と堤防跡
d0179225_02104130.jpg




野菜洗い場からの眺め
d0179225_02104632.jpg




石垣がすごいので一枚.
d0179225_02104961.jpg




宇那木神社
d0179225_02105495.jpg

神社脇にある養魚場.サギが何かを狙っていました.
d0179225_02110423.jpg


 JR 七軒茶屋駅
d0179225_02112114.jpg

駅のホームと隣の駐車場.旧河道です.
d0179225_02112587.jpg



ひたすら用水路を歩く
d0179225_02113080.jpg



 !? どうも閉店しているようです.空いていたら入ってみたかったのですが.ネットで検索するとやっぱり閉店でした.西日本で唯一って….
d0179225_02113489.jpg



昼食.かなり豪華でした.
d0179225_02113801.jpg

[PR]
by kumakuma1103 | 2013-12-24 02:18 | 広島の地理・地形 | Comments(0)
JR梅林駅.駅の名前である「梅林」はほとんどありませんが,太田川の旧河道「古川」に昔植えられていました.巡検ではここで昼食タイム.近くにいろいろ店がありました.
d0179225_01591884.jpg



ここの石を用水路に投げないこと….
はい
d0179225_01592827.jpg







用水路の案内板
d0179225_01593531.jpg




扇状地を登る坂
d0179225_01594082.jpg






どうでもいいですが,八木と緑井の境.町名の看板に注目.
d0179225_01594560.jpg






ここが巡検の目玉の一つ.西の山麓にある土石流性の扇状地の扇端から伏流していた所.緑井の「井」はわき水の「井」と知り,ちょっと感動.群馬の方なら旧新田町の「金井」「市野井」で有名ですが,広島にもあるんだ.高校時代よく通っていた緑井の由来がこれとは迂闊にも知りませんでした.
d0179225_01595470.jpg
d0179225_01594924.jpg

残念ながら,ここのように湧水していません.




[PR]
by kumakuma1103 | 2013-12-24 02:09 | 広島の地理・地形 | Comments(0)
雨はさほど強くはないですが,ずっと降っていました.用水路にそって歩けるか確認します.
d0179225_01454236.jpg
d0179225_01454659.jpg

野菜でも洗っていたんでしょうね
d0179225_01454984.jpg


地図があればいいんでしょうが,途中八木用水は峠をこえるためトンネルがあります.ただし,江戸時代のころは峠を迂回するルートでした.
d0179225_01455668.jpg


迂回するルートを歩いたのですが,何も痕跡がありませんでした.正面に見えるのは高瀬堰.そういえば,先日博物館で話をした学生さんは古市小卒業生とのでしたが5年生の頃ここまで歩いて往復する授業が年4回あったとのこと,片道6km.古市小の脇は八木用水が流れているので,このブログでも小学校については紹介すると思います.
d0179225_01455947.jpg



再び峠の下を流れてきた八木用水とご対面.
d0179225_01460304.jpg






合っているのかさだかではありませんが,かなり面白い. 54号から高瀬堰へいく途中の右側にあり(地元民しかわからない情報ですが).
d0179225_01460840.jpg
d0179225_01461194.jpg



[PR]
by kumakuma1103 | 2013-12-24 01:54 | 広島の地理・地形 | Comments(0)
子供を寝かしつけたら自分が寝てしまい
中途半端な時間に起きてしまいました.


同行の二人.群馬のときは院生と出かけていましたが,今回は異色.右の方はお義父さん.以前のブログでこちらこちらの記事にでています.
d0179225_01255877.jpg




昔は太田川から八木用水の水をとっていましたが,今は水力発電所からの水を使っています.
d0179225_01260455.jpg



発電所の近くの神社前にある八木用水に関する石碑.





ここから八木用水にそって歩き出します.
d0179225_01262250.jpg


なぜに用水路を歩くのか?前にも書いたことがありますが,もう一度.

・江戸時代からルートがほとんど変わらないこと
・水をどのように活かしているのかがわかること
・用水路を基軸に地形の関係が読めること
があります.

 道は大きく変わりますし,道の変更は,そこの土地所有者の許可があればできますが,用水路は無理.下流の人の水利権があるから,勝手に変えることは難しい.だからこそ,ほとんど変化しないのです.「ドブ」になっていて当時の面影はないかもしれないけど,ルートはほとんど変わらない.
 用水路は基本的に農業用水なのでどのように水を使い管理しているかは,人と自然環境の関係を扱う,まさに地理学の王道です.あとは僕としては,昔の地形図で確認した原地形をフィールドで確認するときに,ルートが変わらない用水路を指標として使いたいと思っています.そうでなければ,都市部だと土地利用があまりに変化し過ぎてわかりにくいことが多々あるからです.まだ,用水路を教材として扱う利点を整理しきれていませんが,どこでもあるので教材として使えると思っています.



PS  12月24日ですな.うちのカープ坊や1号の誕生日ですが,W君の誕生日でしたね.勝手ながらおめでとうございます.


[PR]
by kumakuma1103 | 2013-12-24 01:41 | 広島の地理・地形 | Comments(0)
先日,八木用水巡検の下見をしてきました.
正直下見の方が楽しみが多いですね.
あいにくの雨模様ですが,
ほかに日がないので行くことに.


出発は,JR可部線大町駅から.
d0179225_18012247.jpg
可部線の線路は八木用水近くを通るので
車窓から写真を何枚か.
その内の一番良いもの.




d0179225_18012512.jpg
手前の後背湿地+奥に土石流性扇状地





中島駅に到着.ここから巡検のスタートです.
d0179225_18013882.jpg


ちょこちょこ写っている方は,
こちらこちらで過去のブログにでています.

[PR]
by kumakuma1103 | 2013-12-23 18:16 | 広島の地理・地形 | Comments(0)

淡路島調査その4

泊まっていたホテルにあった
志知城の模型.
d0179225_6315773.jpg

なぜに放送部がつくったのか?
ホテルの方から
模型を展示しているけど
本当に行かれた方は初めてとのこと.
まあ行っても玄人さんしか受けないでしょうね.






調査した時に吠えていた犬.
びびって隠れています.
d0179225_6335588.jpg
d0179225_634247.jpg

このあたりはイノシシが多いので
もっと怖い思いをしているでしょうね.






大阪層群.
下の粘土層を使って瓦を焼いているはず.
d0179225_6351924.jpg
d0179225_6354679.jpg

大阪層群中の断層もありましたが,
もちろん年代が古いので活断層ではありません.





かなり不自然な広い谷.
昔の粘土層を採取した跡だと思います.
(調べていないので詳細は不明)
d0179225_6362216.jpg






右横ずれ断層に伴うきれいな河谷の屈曲.
d0179225_6422926.jpg






断層地形を撮っていますが,
なにやら遠くに何かがたっていました.
d0179225_6434993.jpg




近づいてみると,巨大な観音様.ただし写真は裏側のみ.断層崖を撮影するため.
でよくみると右の方に何かいます.
d0179225_6435418.jpg





自由の女神でした.
d0179225_6435880.jpg





現在はつぶれたため見学不可.


これにて淡路島調査も終わり.
[PR]
by kumakuma1103 | 2013-12-23 06:46 | 雑記 | Comments(0)