地形学の視線で見たこと,感じたこと


by kumakuma1103

<   2013年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

結婚式

今日は後輩の結婚式に
出席しました.
行く前に紙屋町を少し歩いてみました.
アカデミィ書房は健在でしたが,
あの「大騒ぎ」で有名な中国飯店が
別の名前の中華料理屋になっていました.
d0179225_21453437.jpg

学部時代,回転テーブルの上に乗って踊っていたら,
従業員の人から怒られて,
「大騒ぎ」にも限度があるんだと
おもったことがあります.
(ほとんどの人がわからないと思います.ローカルすぎてすみません)



会場のホテルは,
広島市街地の一番南の海岸にあって,
元宇品というところにあります.
少し早くついたので,
散歩をしてきました.
d0179225_21475515.jpg





この場所は,学部時代何度か走っていたところ.「くものす」杯なるオリエンテーリング部内の競技大会のタイトルがありました.この山の中が蜘蛛の巣だらけだったことからつけられた名前ですが.
d0179225_21480177.jpg





会場に着いた後,屋上近くのバーで待機.広島デルタが一望できます.学部時代,女学院大の先生につれられてこのバーに来たことがありましたが,思えば大人な雰囲気をはじめて味わった場所でした.
d0179225_21504226.jpg



プリンスホテルのスロープをあがる新郎新婦.
d0179225_21515643.jpg






シャッタースピードを全然考えていなかったのでぶれまくり.手前の方はB君.博物館のマスコットキャラでお世話になり,その後,Mwaveにも投稿してくれた後輩.彼のRNは「岡山のカープファン」.前田の引退試合には,膨大なお金をかけてスタジアムに出かけたとのこと.
d0179225_21520301.jpg





トイレに行った帰り,
たまたまお色直し中の新郎新婦に出会いました.
末永くお幸せに.
d0179225_21521580.jpg


O館長のスピーチはいつきいても
聞かせる内容ですね.
「結婚するならインド」とのこと.


新郎のお父さんも秀逸.
間の取り方が絶妙でした.
まじめかと思えば,
後半,じぇじぇじぇを連発し
ちょっとビックリしました.



久しぶりに後輩と合うと,
意外とこのブログをみているようで,
穴掘りしてましたねと,
声をかけてくれました.




明日は巡検.
群馬で培った目でみると,
西条盆地の土地利用も,
江戸時代の新田開発のにおいを感じさせます.
明日はそれを見に行ってきます.

では

[PR]
by kumakuma1103 | 2013-11-30 22:06 | 雑記
群馬で気になっていたものに,
「運転代行」のシステム.
ものすごい数の代行の車が走っています.
夕方から夜の高崎の街中は,
タクシーよりも代行の方が多いのではないでしょうか.
一方広島でほとんどみたことがありません.

先日嫁ちゃんの実家宅にて
夕飯をよばれているときに話したことは,
広島では飲酒事故のニュースをよく聞くが
群馬では飲酒事故のニュースを
あまり聞かなかったということ.


それで,思いついたのが
「運転代行」システムが
飲酒事件の軽減につながっているのではないか
という仮説.

思い立ったので,
軽く調べてみることに.
都道府県別飲酒運転事故の状況について.
サイトはこちら
日本損害保険協会がまとめたもの.

群馬県をみてみると,
飲酒運転事故件数は2012年度は
101件でワースト14位.
運転免許保有者10万人あたりの
飲酒運転事故件数は7.2でワースト順位で12位.
なかなかの悪い感じで,
仮説は成り立っていないように見えます.

ですが,全事故件数に占める
飲酒運転事故率をみると,
群馬は0.49%でワースト順位39位と
なかなか良い感じです.
つまり,事故件数は多いのに,
飲酒関係の事故は少ないということ.

「運転免許保有者10万人あたりの
飲酒運転事故件数」の内,
分子の数は実態なのでいいとして,
分母の数が実態に近すぎているのではないでしょうか.
いわゆるペーパードライバーが
群馬では少ないと思うのです.
他県では,ペーパードライバーのため
運転免許保有者10万人よりも少ない人しか
運転していないのだと思います.
だからこそ,群馬では事故件数が多いのだと思いますが
いかがでしょうか?
ちなみに,ネットで調べた限り
運転免許保有者の内ペーパードライバーの数を
調べた統計はありませんでした.
(調べるべき内容だと思いますけどね.
免許更新のときに尋ねればいいのに.
警察にとっても必要な情報だと思いますけど)


さて,広島はというと,
事故件数131件でワースト12位,
10万人あたりの件数7.1で
ワースト順位は同じく14位.
このあたりは群馬とよく似ています.
全事故件数に占めるの飲酒運転事故率をみていると,
0.91%でワースト順位20位.
全事故に対する飲酒運転事故が多いようです.

ということで,結論はでませんが,
可能性はありそうです.
だけど,運転の男女比率やらいろいろ要因があるとは思います.


この表は結構面白いですね.
飲酒運転事故率ワースト順位の40位まで,
都市部に多いのは,遅くまで飲んでも帰宅できる
公共交通機関が発達しているところだからでしょうか.
ただし,なぜか山口県が44位と健闘.
どういう理由なのでしょうか?
あと,気になるのが,群馬をのぞく北関東勢の悪さ.
茨城・栃木どうした.
飲酒運転多すぎる.


今後調べるとしたら,
ドラスティックな違いがありつつ
似たような地理的条件をもつ
栃木と群馬を比較対象とすることが
面白そうですね.
「代行運転」システムが栃木でどうなのかは
わかりませんけど.
飲酒運転がどういう要因で起きているのかを
地域差を手かがりにするという方法は
アリな気がします.
だれかやらんかいな.


もちろん僕はやりません.
[PR]
by kumakuma1103 | 2013-11-30 09:41 | 群馬の地理・温泉

穴掘り

先週の日曜日埼玉県の利根川近くにて
穴掘りを敢行.

突撃の土地交渉.
やはり一人女子がいるだけで
対応がちがいますな.
首尾よくOKをもらう.
d0179225_22332648.jpg



ほりはじめ.
d0179225_2236448.jpg


すぐに,泥流堆積物がでるかとおもいきや
意外と砂が続きます.
d0179225_22455996.jpg


1m弱掘ったのですが,
同じような地層が続くこと,
小さい穴では深くはほれないこと,
簡単に掘れる砂だったので,
拡大して掘ることに.
掘りまくるM君.
d0179225_22495478.jpg


1.5mぐらい掘ると,
軽石がでてきました.
おそらく6世紀のやつ.
Sさんが記載中.
d0179225_22505113.jpg


Sさんを埋めようとする
M君とI君.
d0179225_2251554.jpg


しかし本当に人埋めるならこの辺りですね.
埋められるぐらいすぐに掘ることができます.




Sさんを埋めて終了.M君は見張り番.
d0179225_22083485.jpg




左に写っているSさんをトリミングしただけですが.

泥流堆積物がないということが
わかったことが重要だと思います.

あともう一日この種の調査をすれば,
泥流堆積層の堆積範囲がわかるとおもいます.
[PR]
by kumakuma1103 | 2013-11-28 22:55 | 雑記

浦和宿の宿場用水の敗北

自宅に帰ってから,
分間延絵図やら浦和宿に関するサイトを見ていましたが,
浦和宿の所は周囲よりも高くなっていて
水を引っ張ってくるのは難しいと判断.
時間が許せば,数値地図をつくって
確認したいと思います.
講演会の前に確認しとけばよかった.

しかし宿場用水はなければないで諦めるほどの
あまり考慮されない構造物なのか?
[PR]
by kumakuma1103 | 2013-11-12 23:55 | 雑記

広大探検ツアー

こちらの大学院の授業の受講生はけっこういるので,
なかなか外に行くのは難しそう.
先週は,ちょうど博物館の企画展+広大探検ツアーにご案内.
これが大学院の授業でいいのかは
ちょっとおいておいて.

企画展では,顕著な活躍をしている広大教員の研究内容を取り上げるもの.
うちの講座の先生もその一人に選ばれていて,
それをみんなで見に行こうということに.
実はこの先生,僕の学部時代のチューターでした.
d0179225_2136588.jpg



博物館の入館者数にも多少貢献を.


その後,久しぶりに大学を散策.
散策と行っても湖成段丘の開析谷を歩くというものですが.
普段は段丘面の上を歩くので,
下から見上げるということは,
5年以上いる大学院生もはじめてとのこと.
ぶどう池.段丘面を利用してぶどうがつくられていたのが由来.
d0179225_2148992.jpg


バードウォール
d0179225_21475863.jpg

d0179225_2148347.jpg


大学内ですか?そうです.工学部の下
d0179225_21475972.jpg



昔は池に浮かんでいた鳥居.
d0179225_21474929.jpg



こちらも大学内.
d0179225_21512071.jpg



開析谷を進んだ先に,
植物園があります.
ここには博物館時代お世話になったAさんが
いらっしゃるのでいってみました.
「えっ,これが大学院の授業なの!」と
少し不審がられましたが,
段丘のフィールドワークと言い張りました.
背広の院生もいるけど.

冬野菜について学びました.
ここでは,大学の花壇に植える花も育てているとのこと.
d0179225_21474520.jpg



ということで,おしまい.

しかしこのブログ,どういう人をターゲットにしようとしているのか
わからなくなってきました.
広大の人には教えていないしね.
[PR]
by kumakuma1103 | 2013-11-12 21:54 | 雑記

O館長の誕生日

バスを待っている間,ちょろっと博物館の事務室に
顔をだしたところ,
ホールケーキが用意されていました.

O館長の誕生日とのこと.
このブログをみていただいている方で,
O館長をご存知な方は数少ないと思いますけど.

折角なので,
帰宅時間を遅らせて,
飛び入りで参加させてもらうことに.

後からO館長登場.
d0179225_21282740.jpg



先日も文・地理にいったときに
T先生の誕生日ケーキが用意されていたところに
タイミングよくお邪魔しましたが,
今回もナイスなタイミング.
「どこかでみていて,見計らってきているんだろう」と
O館長からいわれましたが.

1時間ほど歓談してかえりました.
[PR]
by kumakuma1103 | 2013-11-12 21:30 | 雑記

川博の講演会

昨日,川博にて講演会.

講演前に館内を案内していただきました.
本館になぜかブータンの展示.
館長がブータンの土壌について
研究されていた関係らしい.
写真のいくつかのクレジットには,
ブータンでお世話になったKoさんの名前.
学芸員の方に,僕もKoさんには
ブータンで世話になった話をしていました.
展示の最後の方には,
ブータン南部の写真.
一枚の写真に象が写っていて,
なにか見覚えのある風景.
よくみると僕自身が写っていました.
「あっ,これ僕ですね」というと,
学芸員の方も,ビックリしていました.
ちなみにHa君は写っていませんでした.
(デジカメを持ってこなかったのが失敗)

さて,講演会の話.
この手の講演会は
熱心な年配の方が多いですね.
こういう年配の方に,
大学院へ来ていただく方策が
重要だと思います.

講演時間は1時間半なので,
概要部分はスピードを上げて解説.
メインの話は埼玉県内の中山道と地形の関係.
まあ授業で散々やっているので,
時間調整もうまくできたと思います.

質問では,
地方史のセミプロの方から,
「浦和宿の絵図には宿場用水が描かれているから
宿場用水があったのではと話されていたが,
用水ではなく,単なる排水溝ではないかと思う」との発言.
「根拠としては,台地上には水田がないことや,
高度を考えると上尾から延々と水を引いてこないと行けない」とのこと.

たしかにそうかもしれません.
僕も絵図をみただけで話をしていて,
可能性としてあげただけなので根拠はないのが現状です.
ただ,上尾から水を引く必要はなく,
浦和宿の北側の標高から等高線にほぼ平行した
水路を引いてくればなんとかなるはず.
水源はおそらく段丘崖のわき水とかではないのかと
思っています.

ちょっと気になりだしたので,
絵図で下調べした後,
広島高崎の往復間で途中下車し,
浦和を歩いてみたいと思います.

あと,この講演会には,
T君も参加していただきました.
仕事場が楽しそうで,何よりです.
[PR]
by kumakuma1103 | 2013-11-11 04:16 | 雑記

S君登場

さきほど,
S君が研究室に.
群馬の頃と全く変わらない様子でした.
近況をいろいろききました.
着実に頑張っているようです.
[PR]
by kumakuma1103 | 2013-11-05 18:40 | 雑記