地形学の視線で見たこと,感じたこと


by kumakuma1103

<   2012年 06月 ( 27 )   > この月の画像一覧

散文精神について

今日の朝日新聞の
土曜日版「青のbe」のトップに
ノンフィクションライターの佐野眞一さんが
でていました。

その中で,
心に残った言葉。

---------
散文精神で書かれる作品は,
「動詞と名詞だけで書かれる作品」とも
言いかえられる。
形容詞や副詞はほとんど必要ない。
動詞と名詞は,時代が変わっても,
けっして腐らないからなんです。
--------

膨大な著作の裏付けがあるからこそ,
佐野さんのこの言葉には重みがあります。
[PR]
by kumakuma1103 | 2012-06-30 22:29 | 雑記
インド仕事をとりあえず終えました。
どうなることやら。
あとは、太田仕事。
こちらは大変です。
ほぼ一から組み立て直し。
再調査も必要そう。
[PR]
by kumakuma1103 | 2012-06-30 19:01 | 雑記

そらまめくんのベッド

そらまめくんのベッドという
絵本があります(こちら)。


今朝そらまめをむいでいたので
そらまめくんを書いてみました。
d0179225_2146840.jpg





本当に寝心地のよさそうな
ふあふあベッド。
絵本だと,そらまめ君は,
このベッドで寝てみたい
ほかのマメたちに貸しません。
(最後には貸してあげるんですけど)
d0179225_21462373.jpg





カープ坊や2号と。
絵本の通りだったので
喜んでいました。
d0179225_21463424.jpg

[PR]
by kumakuma1103 | 2012-06-29 21:45 | 雑記
Dear Fake J****,

I know real J**** stays in Bhutan, not in Spain.
Who are you ?
J**** never use the dirty words that you sent me.
He respects me a lot.

Bye,

その後、偽J君から返信。

When you promise to help me and you don't give me info to collect the money..

僕のメールには無視して、
お願いに変わりました。

まあもう相手にしないと思います。おしまい。
[PR]
by kumakuma1103 | 2012-06-29 12:31 | 雑記

偽J君からのメール3

偽J君からメール。
#は伏せ字にしておきました。

Fu## you idiot..i know you not willing to help me.

警視庁のオレオレ詐欺への対処法から
■ 動揺しない、慌てない。
電話を切ったあと、すぐに事実を確認する気持ちでいてください。
■ 電話を受けたとき、この話を思い出し、「詐欺かもしれない!」と疑ってみてください。
■ 警察や銀行などがキャッシュカードを受け取りに行くことは絶対にありえません。
■ すぐにお金を振り込まない。
お金を振り込む前に、自分の家族や親戚又は警察に相談してください。
■ 脅迫めいた言動を受けることもありますが、毅然とした態度で接し、すぐに警察に通報してください。


最後の箇所に該当しそうです。
忙しいので偽J君へ返事を書いていませんが。
[PR]
by kumakuma1103 | 2012-06-27 16:09 | 雑記
ヤフーのトップでも、
ワンディポダンゾンの焼失の
記事がでていましたね。
こちら



ちょうどインド政府の支援で
ゾンを修復していたからねぇ。
日本政府がでてこれるか?
僕のブログの記事を見ても
分かると思いますが
焼失前の建築だと地震に対してかなり弱いです。
しかも屋根に石がのっていて危険。

耐震構造を保持したまま
復元するのは可能なのか?
[PR]
by kumakuma1103 | 2012-06-27 12:54 | ヒマラヤ

C61が通り過ぎた

高崎駅近くの機関区のあたり。踏切があって上り列車が通過していきました。その直後,再び踏切の音が鳴り始めました。ところが,また上り列車がくるというアナウンス。どういうこと??と思っていたら,本線ではなく機関区へ入る線路にC61単機の姿が。カープ坊や2号を肩車にして撮影。サービス汽笛+手振りをしてくれました。
d0179225_23574289.jpg

[PR]
by kumakuma1103 | 2012-06-27 00:00 | 雑記

初期中山道を探してみる

巡検後,有志一行と初期中山道を
歩くことにしました。

ではじめはなかなか手掛かりがなかったのですが,
途中で「関長原」を探そうということになりました。

ちなみに参加者は,
Y君,Ho君,T君,C君,D君。
まさに,院ゼミの雰囲気ですな。


で,碓氷関所の北へ向かって
高位段丘の段丘面へのぼります。
古い段丘なので,面にも起伏があります。

で,道路わきに関長原の関所跡の看板が。
d0179225_23341996.jpg



この時は楽勝モードでした。


ずんずん進んでいくと
d0179225_23352136.jpg



ところどころ万葉集がかかれた木の柱が。
この道は東山道と推定されています。


森の中へ
d0179225_23363361.jpg




ところがその先がない。
詳しくは書けませんが,
おそらく地権者ともめたんだと思います。


で,ここでD君とT君が,そういえば
来る途中にも看板があったとのこと。
反対から回り込んで探してはどうかという
提案。
ナイスですな。

反対から回ってみると,
山吹の郷なるところででてきました。
すでに山吹の時期は終わっていましたが,
ものすごい本数の山吹が植えられています。

少しだけ咲いていたので一枚。
d0179225_23412121.jpg



ところでこの山吹の郷。
かなり変わっていました。
どう変わっているのかを説明するのは難しいのですが
何のためにこんなに山吹が植えてあるのか?
財源はどうなっているのか?
気になるところです。

ここの看板には,やはり関長原関所跡が
遠くの方に描かれていたので
とりあえずその方向へ向かってみました。


d0179225_23434423.jpg

しばらくすると梅林の中に「関長原関所」の立札が
かかる木の門がみえてきました。

ようやく到着です。
といっても関所の痕跡はほとんどありません。


この関所の先には道が続いていたので
歩いてみました。
d0179225_23472975.jpg



ずんずん歩いて,
少し藪漕ぎをすると,
なんとはじめで引き返したところへでてきました。
これで一応つながりました。


再び関長原関所跡へ戻りました。
おそらくこういう土塁が
当時の関所というか砦のあとの痕跡なんでしょうか?
ちょっとよくわかりませんが。
d0179225_23484550.jpg




関長原関所跡の上からの眺望。右手の山が碓氷峠越えの道。
たしかによく見通せるので砦や関所の立地としてはいいのかもしれません。
d0179225_23494394.jpg



ここまでやって終了。
学部生の二人を横川で降ろして
院ゼミの第二部。
磯部温泉で汗を流し,
高崎の某有名デパート屋上のビアガーデンへ。

父の日ということで
男性が安かったのですが,
その時,今日は父の日だったのだと気づきました。
で,終電まで飲んで解散。

お疲れ様でした。
[PR]
by kumakuma1103 | 2012-06-26 23:44 | 街道・用水と地形

横川~松井田間の中山道

ブログのネタに困らない日々ですが
忙しすぎて心が荒んでいます。

自然環境論で横川松井田間を歩いてきました。
この授業では毎回県内の中山道のどこかを歩いています
初年度:軽井沢→横川
2年目:倉賀野→新町
3年目:安中→高崎

で今年で4回目。
横川松井田間。
皆勤の人はT君だけか。
OBでは,ツチハシ氏も参加。
地理関係では,
C君,Ho君,S君もきてくれました。

朝方は土砂降りでしたが,
開始時間の10時になると晴れてきました。


写真もあまり撮らなかったので
何枚か。

d0179225_23142358.jpg


碓氷関所跡にて。
カメラ目線は,Y君。
昨年に引き続き参加。

d0179225_23163895.jpg



d0179225_23165251.jpg



d0179225_2317567.jpg



d0179225_23172156.jpg



一番勉強になったのが
踏切と道路の間にある
ギザギザの鉄。
実はアプト式の時に使っていた
ラックレールを裁断したもの。
d0179225_23173382.jpg





五料茶屋本陣では,
地元のガイドの方に解説していただきました。
d0179225_2320736.jpg





本陣の2階は展示スペースとなっていました。
ここで一番興奮したのが,こちら。
d0179225_23212219.jpg

関長原からでた守り神とのこと。
少し眉唾ですが,
関長原はこの授業の後,
有志一行と出かけましたので
あとで報告します。
ちなみに関長原とは,
碓氷関所設置前の関所があった場所。
東山道の関所といった方がいいと思います。


d0179225_23231178.jpg
くつろぐ学生。



d0179225_23235456.jpg
久保宿あたり。碓氷川の側方浸食で中山道のルートがなくなってしまったところ。



d0179225_23281157.jpg
だれかの家のあたり。



松井田駅に到着後,
受講生とはお別れ。

で第二ラウンドのはじまり。
[PR]
by kumakuma1103 | 2012-06-26 23:26 | 授業

偽J君からのメール2

またきました。

i need the ten dig number to the receiver money..wating for you
[PR]
by kumakuma1103 | 2012-06-26 16:37 | 雑記