地形学の視線で見たこと,感じたこと


by kumakuma1103

<   2010年 12月 ( 28 )   > この月の画像一覧

忘年会2010

今朝の広島市内。
d0179225_8203988.jpg


さて、12月25日、26日に行われた
地理研の忘年会の様子。実は僕ははじめての参加。
これまでは広島に帰省したり、インドへいったりしていました。



d0179225_8213821.jpg
大学前に迎えに来た宿のマイクロバス。



d0179225_8222959.jpg
車内の様子。マイクロバスの後ろを走る路線バスの行先は伊香保榛名口行き。



d0179225_8234973.jpg
伊香保温泉街。ここには雪は積もっていません。




d0179225_8242137.jpg
榛名湖湖畔。雪が積もっています。




d0179225_8245451.jpg
泊まった宿。コテージに泊まりました。



d0179225_8313419.jpg
宿の人がマイクロバスで榛名湖のイルミネーション会場へ連れて行ってもらいました。
d0179225_8321715.jpg
ヨウコソ ハルコヘと書いてあります。



d0179225_833287.jpg

台湾からの留学生Sさん念願の雪上の大の字。



d0179225_8341525.jpg
ライトアップされたゴーカート。



d0179225_8343980.jpg
その後、温泉に入り鍋での飲み会。鍋奉行させていただきました。



d0179225_8351679.jpg
遅れてきたHa君。介護実習があったためです。サンタの格好での登場で、盛り上がりました。



d0179225_836622.jpg
前日誕生日だったW君にサンタからプレゼント。



d0179225_837454.jpg
2年生のS君のコスプレ。




d0179225_8374412.jpg
トナカイを足蹴にするコンブ女(スイカ娘)さん。



d0179225_8385041.jpg
終盤に撮影した記念撮影。毎年飲んだ空き缶を積んで撮影。S先生曰く例年に比べて飲み量が少ないと嘆いていました。おそらく食べ物が多かったからではないでしょうか。ちなみに、食材は僕とチリチリ君で購入してきました。そんなこんなで3時過ぎまで宴は続きました。




さて、翌朝。Ha君と朝の散歩へでかけました。
d0179225_92131.jpg
d0179225_8431311.jpg

読みにくいですが、沼尾川と書いてあります。



d0179225_845640.jpg
少し歩くと、このような看板がありました。岡上とはもしや岡登景能のことか。後で調べてみるとビンゴでした。岡登景能の話はこちら。江戸時代前期火山山麓を景能は耕作地にしようと各地で頑張っていたようです。




d0179225_8501963.jpg
どや顔のHa君。実は彼旧東村村民。看板にかいてあるように、東村側が榛名湖の水を優先的に使えることが裁判で認められました。僕は高崎市民なので敗訴側ですね。高崎藩は榛名湖の水を長野堰用水の水源にしようと考えていたようです。



ところで壱つ岩とはどれか。おそらくこれだと思います。
d0179225_955664.jpg
一応雪の中をかきわけてこの岩を登りました。
d0179225_945016.jpg
岩の上からの眺望。木がなければ見通しが良いと思います。



帰りに標識をみつけたHa君。
d0179225_965570.jpg
水論(水に関する争い)と書いてありますね。勝者側がこういうのを作りたがるのはどこでもいっしょです。




d0179225_9134963.jpg
争いの元となった榛名湖の水。そういえば、榛名湖は旧榛名町に属していたので今は高崎市になりました。




朝食をとったあと、記念写真。
d0179225_9174022.jpg





自家用車できた二人が送迎のマイクロバスを見送り
d0179225_9152357.jpg






以上です。
[PR]
by kumakuma1103 | 2010-12-31 08:51 | 雑記

広島にて

ほぼ1年ぶりに広島に帰省。


出発前の時刻と累積走行距離
d0179225_1823883.jpg
d0179225_1825590.jpg



到着の時刻と累積走行距離
d0179225_183723.jpg
d0179225_183185.jpg



まあ疲れました。


さて、自家用車でわざわざ帰った理由は、
借りていた測量機器を返すためでした。
なので午前中から広大へいくことに。行く途中の風景。赤瓦の家屋。
d0179225_1854155.jpg
文学部前の門松。りっぱでした。
d0179225_1861071.jpg



ちょうど測量機器を返すM先生がおられたので、
直接渡して任務完了。
研究室前にかざっている広島近郊の立体地形模型。
d0179225_181207.jpg

拡大するとこちら。学生による手作りです。
d0179225_18121518.jpg

等高線にあわせてウレタン?を切って重ねてつくります。
ちょうど、中央分水界の上根峠のところ。
(上根峠は広島市内の北部にあたります)
瀬戸内海へそそぐ川と日本海へそそぐ川が
谷の中で分水界をつくっています。
これを谷中分水界といいます。
どうして形成されたのか?
簡単にいうと、遠く離れた日本海へ流れる川は
かなり勾配が緩いのに対して、
瀬戸内海に流れる川は急傾斜となっています。
そのため、瀬戸内海に流れる川の浸食力が強く、
日本海へ流れる川の水系を奪っているためです。
昔断面図をつくったことあるので今度アップします。
まあ群馬の人には土地勘がわかないでしょうけど。


d0179225_18153548.jpg
大学内に歯科診療所。


d0179225_18161795.jpg
帰りがてら昔の住まい近くを通過。この走っている道は実は近世の西国街道。道の下に暗渠があります。宿場用水ですね。そういう目を昔もっていなかったので今まで気づきませんでした。
d0179225_18173978.jpg
街道沿いの造り酒屋。ただしすでに廃業していますけど。赤瓦ですね。



d0179225_18191889.jpg
造り酒屋のひとつ賀茂泉の玄関前。目の前の道は西国街道。東日本ではあまり知られていませんが、東広島の中心地西条は造り酒屋が数多くあり、酒都西条と呼ばれています。「夏子の酒」ででてきた東京・滝野川にあった醸造試験場は、現在酒類総合研究所としてここ東広島に移転しています。
d0179225_18201050.jpg
賀茂泉の店内。地理研にお土産を買って帰りました。



高崎のイオンより規模が大きい広島のイオンモール
ソレイユといいます。昔はキリンビール工場でした。
d0179225_18272830.jpg




ソレイユの戻り道。
新幹線車両場の脇をとったところ、
d0179225_1830207.jpg
山陽新幹線と九州新幹線を直通する新型の車両をみることができました。



d0179225_18314029.jpg
何を撮ったのか、自分でもわかりませんでしたが、
夕方5時過ぎでも明るいということを示したものと思いだしました。



明日はネット環境がないので、忘年会の記事は来年に持ち越しの予感がします。
[PR]
by kumakuma1103 | 2010-12-30 18:23 | 雑記

片品地理学実習4日目

3日目の記事からまたもや間隔が空いてしまいました.
過去の記事は
3日目その2→こちら
3日目その1→こちら
2日目→こちら
1日目→こちら

この日は早朝ランニングはなし.
で,僕の散歩に学生が参加.
d0179225_1353406.jpg

(Oさん得意のポーズを皆で)



昨日一人で歩いた峡谷へ.
d0179225_13543536.jpg

この人数なので熊をおそれる必要もありませんでした.

この日は霜が降りたのですが,雪と見立てて,
台湾からの留学生Sさんに
雪の上に大の字で倒れるのが
日本の風習だと教えるHa君.
d0179225_13572947.jpg

なるほどとSさん.
d0179225_13575164.jpg




説明不要ですね.
d0179225_13581993.jpg
d0179225_1358413.jpg




ペンション最後の朝食.
d0179225_13555494.jpg

このはっぴいぺんしょんのブログはこちら.僕等の記事もあります.
ところで,このペンションの名前は,
はっぴぺんしょんなのか,はっぴぺんしょんなのかどちらなんでしょ.
すこしだけ気になります.



今日は大学に戻りがてら巡検です.
まず,前日午前中に伺ったお宅と集落へ.
段丘面上に水田が.
d0179225_148547.jpg
d0179225_14294788.jpg


適当に作った模式図です.
d0179225_14314520.jpg
d0179225_14324613.jpg

3日目その1のブログでつくった断面図と同じですよね.
この片品川流域には段丘が発達していることで有名ですが,
段丘面上に発達する小扇状地(崖錐ともいいます)も,
意外と片品を特徴づける地形なのかもしれません.
スキー場もこの扇状地面に多く作られています.

段丘があることによって谷が再び浸食されず,
長い年月をかけて段丘面に向かって砂礫を堆積し続けた地形です.
扇状地の末端を扇端といいますが,
扇状地の下を伏流していた水が湧水して,水田を涵養しています.
聞き取りをしたお宅は,この扇端近くにあって,
井戸の地下水面が浅かったといえます.

そうすると,この集落は,
水の得にくい段丘面上で例外的に水が得やすいこと,
段丘面なので日当たりがよいことという
農業や暮らしに適した土地条件といえます.
川岸近くの低位段丘は水が得やすいですが,
谷の幅が狭いので,日当たりがかなり悪く
農業にはやや不向きだと思います.


途中,片品渓谷へ
「滝は吹き割れ片品渓谷」と上毛かるたに詠まれているところ.
d0179225_1510271.jpg
d0179225_15165956.jpg

ここも実は段丘の発達が渓谷の形成に
大きな関わりがあるのですが,まあ省略で.
きゅうり売ってました.
寒いのにだれが食べるのでしょうか?
d0179225_15174960.jpg



d0179225_1518971.jpg
老神温泉近くでの段丘面観察.


昼食は老神温泉の中華料理屋にて.
早く食べた僕等のテーブルのメンバーで,
昼休みを使って老神温泉の源泉へ散歩.
案内は,老神温泉をフィールドにしていたT君.
d0179225_15184349.jpg
老神温泉の町並み.人が全くおらず寂れた感じがしました.
d0179225_1520588.jpg
老神温泉は段丘面の上にありますが,源泉は河床近くにあります.源泉へ降りる階段.
d0179225_15205440.jpg



d0179225_1521177.jpg
絶景が楽しめるかもしれませんが...少し怖いですね.


d0179225_15215296.jpg
いくつか源泉がありますが,その一つ.ダムができる前は河床に近いところに湯治場があったそうです.


d0179225_15241624.jpg
片品川と老神温泉郷.


利根町にある曲屋にも行きました.
曲屋といえば,岩手の遠野を思い出しますが,
馬を飼うという点で共通性がありますね.
d0179225_15254772.jpg
d0179225_1526228.jpg
d0179225_15262950.jpg
d0179225_15265111.jpg
d0179225_15271641.jpg



足湯がありました.
d0179225_15325248.jpg
d0179225_15331363.jpg
深い意味はありません.


最後に昭和村へいき,畑や産直売り場を見学.
d0179225_15334882.jpg



ようやくラストにたどり着きました.
今から広島へいきます.
忘年会の記事のアップは広島からでしょうか?
[PR]
by kumakuma1103 | 2010-12-29 14:06 | 授業

モグラ駅に行く6

携帯で上越線の運行状況を確認すると,
大雪の影響により越後湯沢-水上間で列車が遅延しているとのこと.
そこで,駅前のバス停にいき,水上駅行きの時刻表をみると,
15分後ぐらいにくることがわかりました.
d0179225_640182.jpg

それで,あと10分ほど列車のくるのを待ちつつ,
残り5分になってからバス停へ向かうことにしました.

結局,列車はこず,水上行きのバスに乗りました.
乗っていた乗客の中に,
土合駅でいっしょに降りたあのカップルもいました.
彼らも不本意にバスで水上駅にいくことになったのでしょうか?


水上駅に着くと,駅員が大忙し.
僕が乗ろうとした上り列車が来ていないので
下り列車の折り返し運転ができません.
そのため,高崎方面からきた乗客のうち,
新潟方面へ行く乗客を代行バスへ誘導中.
d0179225_6443969.jpg

みていると明らかに軽装なネパール人もちらほら.

予定していた上り列車よりも1本遅れたのですが,
16:59発の高崎行きに乗ることができました.
d0179225_646157.jpg

大雪の降る仕組み.
d0179225_6581251.jpg


高崎には18:03着の予定でしたが,10分遅れで到着.
高崎駅構内には,雪による夜行列車の運休案内が.
d0179225_6573914.jpg

クリスマスイブの乗車を楽しみにしていた人は多かったはず?

当初の予定だと
高崎駅12:20発-水上駅13:22着(JR)
水上駅13:42発-土合駅13:50着(JR)
土合駅前14:06発-ゆびそ駅前14:11着(関越バス)
(立ちより湯)
湯檜曽駅15:38発-水上駅15:43着(JR)
水上駅15:48発-高崎駅16:51着(JR)
でしたが,湯檜曽駅から下記のように変更.
ゆびそ駅前16:08発-水上駅前16:28着(関越バス)
水上駅16:59発-高崎駅18:03着(JR)

まあ大事には至らずよかったです.

高崎駅に戻ると,
駅地下に見たことのある二人が.
d0179225_76577.jpg
ともに社会の2年生.
ケーキ屋でバイトしているSさんは何度か会っていますが,
ケーキを購入しているS君にはびっくり.
列車が遅れたことによる奇跡ですね.
といいつつ,かわいい学生に3回もケーキを購入して下さいと
お願いされたものの,買わずじまい.
大変すみません.あのタイミングでは購入しにくいのです.
今度みかけたら絶対に買いますので.

ということで,モグラ駅に行くシリーズは完結.
[PR]
by kumakuma1103 | 2010-12-29 07:14 | 群馬の地理・温泉

モグラ駅に行く5

温泉にあった湯檜曽駅付近の地図.
d0179225_2265291.jpg
湯檜曽駅からはループトンネルに入る前の高い位置にある線路と,
ループトンネル出口から駅まで続く線路のどちらもがみることができます.
しかも上から見ると二つの線路は直交しているようにみえます.

まさに,上毛かるたの「ループで名高い清水トンネル」の
読み札のところです.
(まあループのところは清水トンネルではない気もしますけど)

予定では15:38湯檜曽駅発の上り列車に
乗る予定で,15分前ぐらいに 温泉をでました.
早めに駅について,ループトンネルに入る前の
電車を撮影しようと考えてのことです.
こんな感じ.
d0179225_2203534.jpg

実際はこんな感じ.
d0179225_2225695.jpg
d0179225_2214663.jpg
かなりの吹雪でした.

ところが,到着予定時刻を過ぎても,
待てども列車はきません.
駅内にある水上駅との直通電話をかけても
通じません.
そもそも有人駅の電話番号を
駅構内に掲示してくれれば
携帯で電話するのにと思いました.

暖房などの設備はなく,
しかもさきほどまで温泉に入っていたので
湯冷めしてしまいました.

で,どうしたか.それは次の記事にて.

あとは,片品巡検の残りと
25,26日と泊まりがけの忘年会の記事,
それとこのモグラ駅の記事を書いたら
今年は終わりにしたいと思います.
といっても書けるかかなり微妙ですけど.
明日から広島へ戻ります.
強行程ですが仕方ありません.
今から寝ます.
[PR]
by kumakuma1103 | 2010-12-28 22:03 | 群馬の地理・温泉

モグラ駅に行く4

10分ぐらい待つと,関越バスがやってきました.
d0179225_206301.jpg
d0179225_2065067.jpg
時刻表では14:06に到着予定.自分としては,思っている方向とは逆の方向からやってきたので,完全に方向感覚が狂っていました.まさにホワイトアウト.


d0179225_2091299.jpg
車内は暖かく生き返った感じ.結構乗車している人が多くびっくり.みていると冬山登山をしている学生風.


ゆびそ駅前に14:11着.降りると,道路中央や脇にスプリンクラーが.
d0179225_20182864.jpg


湯桧曽駅で,上り列車を待つために,近くの立ちより湯のある温泉へ.
この時間にはだれもはいっていなかったので写真を一枚.
d0179225_20125039.jpg
d0179225_20152219.jpg

NTTの保養施設なので電電の湯.まあ泉質は....

その4おわりです.
[PR]
by kumakuma1103 | 2010-12-28 20:19 | 群馬の地理・温泉

モグラ駅に行く3

水上駅には雪対策らしき除雪車?が.
d0179225_19454374.jpg


さて,水上駅からは新潟支社の115系に乗ります.13:42分発長岡行き.
d0179225_19444528.jpg


車内の吊り広告は新潟にある大学.
d0179225_19475854.jpg


目的地は,水上から二つ目の駅土合駅.トンネルの両側にループが...
d0179225_19483196.jpg



13時50分土合駅に到着.
d0179225_19493870.jpg

僕たちだけかと思いましたが,もう一組カップルが... クリスマスデートで土合って...どうなんでしょ


d0179225_195033100.jpg
トンネル内に作られた駅舎まで徒歩10分はかかるという珍しい駅.ちなみに僕が降りた下り線のホームへ行くときだけこれほど時間がかかります.

d0179225_1954329.jpg
途中一箇所だけある休憩用のベンチ.全体的にうすぐらく怖いです.ちなみに,この階段を歩く以外,エレベータ,エスカレータなどはなし.ものすごいバリアな駅.


d0179225_19553924.jpg
階段の隅に下からの段数が書かれています.一応これで最後.


d0179225_19563858.jpg
かと思ったら,まだ微妙に距離と階段が.


d0179225_1957218.jpg
歩いていると外の様子が見えました.ものすごい雪.

d0179225_19582624.jpg
土合駅駅舎.
d0179225_1958489.jpg
積雪20cmはありました.ものすごく寒いです.トンネルを抜けると雪国でした.

今回はここまで.
[PR]
by kumakuma1103 | 2010-12-28 19:52

酢だこバケツ

今日は大学の研究室の掃除中.
今は写真の整理中.
先日スーパーで撮った写真.
d0179225_103169.jpg


広島では見たことがありませんが,
ネットをみると山梨県にはあるようです.
群馬に来て衝撃を受けた一品の一つです.
[PR]
by kumakuma1103 | 2010-12-28 10:04 | 群馬の地理・温泉

モグラ駅に行く2

この旅行にはもう一つ目的があって,
「ゆきぐにれっしゃ だいさくせん」という
かなりマニアックな絵本があり,
その中では高崎や水上が取り上げられています.
それを追体験するという目的もありました.
本の情報はこちら
d0179225_6103337.jpg



で,絵本と外の風景.
d0179225_6243362.jpg
列車の近くでは雪はふっていませんが,山は雪化粧.まさに絵本の世界.ちなみにここは吾妻川と利根川の合流地点.


d0179225_6123297.jpg
d0179225_6131155.jpg
終点の水上に近づくと横なぐりの雪.

13:24定時に水上駅に到着.
d0179225_6212270.jpg
d0179225_6214068.jpg
絵本の場所も水上駅.どうしても先頭車両を撮ってしまう習性と,そのとき,絵本のことをすっかり忘れていたので,写真と絵本を同じ画角にできませんでした.最後尾の車両をとれば,絵本の画角と同じだったのですが(絵本ではテールランプが赤く光っているので最後尾の車両です).フォトショップで左右を反転させてみました.ズルですが,ほぼ同じ画角になりました.
d0179225_627933.jpg


朝はここまで.
[PR]
by kumakuma1103 | 2010-12-28 06:17 | 群馬の地理・温泉

モグラ駅に行く

鉄ネタですが,
僕自身テッチャンではありませんので,
念のため.

12月24日に前から気になっていた
上越線の駅土合(どあい)駅に行くことにしました.
前日時刻表をにらみながら,
高崎駅-土合駅往復を考えたのですが,
何分土合に止まる電車が少なく,
土合で1時間半から2時間ぐらい待たなくてはいけません.
それで,逆に越後湯沢に新幹線で行くパターンも考えたのですが
うまくいきません.

土合近くにある谷川岳ロープウェーに行くこともいいなぁと思ったのですが
雪で眺めもよくないだろうなとも思い断念.
ただ,ロープウェー乗り場までは,
水上からの路線バスが便利とのことで,
そうなると途中の土合駅にも当然バスが停留するだろうと思い,
関越バスの時刻表をみると,
ちょうどぴったしのバスがありました.
ということで,前置きが長くなりましたが,
JR+バスの半日旅行記です.

まずは高崎駅.
d0179225_22422661.jpg
d0179225_22423938.jpg
d0179225_22444512.jpg

12時20分高崎発水上行きの普通電車に乗車しました.


車内は驚くほど混んでいました.
d0179225_2245133.jpg


(すみません,今日はここまで 眠くなりました)
[PR]
by kumakuma1103 | 2010-12-27 22:43 | 群馬の地理・温泉