地形学の視線で見たこと,感じたこと


by kumakuma1103

<   2010年 09月 ( 21 )   > この月の画像一覧

二毛作を撮る9月29日

たまたま見た番組で
板倉町の中央公民館にある
「虫」観音様でてましたね.
前に実物をみましたが,
寒気がするぐらい気持ち悪かったのを覚えています.
虫の供養になるのか疑問です.

さて,特にネタもないのですが,
昨日写真を撮ったのでアップします.
はじめて榛名山がきちんと写真に写っています.
d0179225_2032259.jpg

こまめに田んぼを見るようにして,
ぜひとも刈り取りの風景をとりたいですね.

その後,畑へいき,
ナスとモロヘイヤを倒してきました.
ナスの場所に牛糞堆肥と石灰をまぜて
とりあえず荒おこし.
来週には大根をうえようと思います.
d0179225_20343336.jpg

虫の目の写真.
d0179225_20344837.jpg
普段見慣れない構図なので新鮮な感じがします.
[PR]
by kumakuma1103 | 2010-09-30 20:35 | 定点観測 | Comments(4)

特になし

この1週間インド漬けが続いています.
とりあえず,研究所向けの報告書は脱稿して,
さきほど送信.
あとは,投稿用のものを急いで形にしないと.
書いているとアイディアが浮かんできますね.
今週末はさらに集中して仕上げたいものです.
[PR]
by kumakuma1103 | 2010-09-30 17:45 | 雑記 | Comments(0)

二毛作を撮る9月28日

インド漬けの日々です.
来週からの授業準備はまだ全然していませんが,
今年の自然地理学の授業は,
変動地形をメインにすえるため,
素材はあるのでなんとかなるでしょう.

d0179225_923071.jpg

夕方の暗い時間に撮ったので
あまりできがよくありません.
今日は快晴なので少し早退して写真を撮ろうと思います.
[PR]
by kumakuma1103 | 2010-09-29 09:05 | 定点観測 | Comments(0)

特になし

今日は,一日中インドの仕事のまとめ.
論文用の図と表をつくりました.
夜からこれをネタに記載を書きはじめます.

そういえば,
ずいぶん前に「マオ 誰も知らなかった毛沢東」を読了しました.
ちょうど昨日,キッシンジャー氏が講演しているのをテレビで見て,
まだこの人,生きているんだと驚きました.
「マオ」では,中国側に取り込まれた人物として,
コケおろされていました.
全体的な感想としては,
毛沢東の考え方は,現代中国においては絶対的なものではなくなったけど,
手段としてはまだまだ生きていることを実感しました.
特に,今問題のきな臭い領土問題の扱い方や,対外的な宣伝の仕方も
毛沢東の手法そのままですね.
意外にも,温故知新というか時節にかなった読書でした.

あと,里見甫の話はでてきませんでした.
一部に,アヘンを流通させていたくだりがありましたが,
あまり深くは書いていないようです.
まあ「アヘン」と共産党の関係を示す資料なんか
あったら大変とは思いますけど.

参考文献や注釈がないことで
大丈夫かなと思いましたが,
日本語版では一般向けの書籍ということで
カットされていて,
ネットでダウンロードできるようです.

来週から授業がはじまります.
それまでになんとか論文が
できればいいのですが.
[PR]
by kumakuma1103 | 2010-09-27 20:36 | 雑記 | Comments(0)

会津旅行

夕方,大学を早退して,
畑へ行く準備をしながら,
テレビを付けると,
広大文地理のT先生が写っていてビックリ.
教育テレビの某番組の解説をされていました.

さて,今日も会津旅行の続き.
2日目は,湯野上温泉から会津若松へ.
途中,ネコが駅長の駅に立ち寄りました.
d0179225_0144878.jpg

会津鉄道の芦ノ牧温泉駅という駅ですが,
温泉自体はこの駅からかなり離れていて
歩いて温泉に行くには無理.
すでに多くの観光客がいて,
ネコを追いかけていました.
まあ自分もその一人でしたが.
d0179225_0163947.jpg
(帽子はあごの下)

この駅に入ってきた車両.
なんとなく,テッチャンの感じがしないでもないですが.
d0179225_0171882.jpg

会津が誇る偉人野口英世が描かれています.
昔伝記を読んだことがありますが,
このあたりだったんですね.
その場所に行けば実感が湧きます.

d0179225_019155.jpg

車の中から撮った写真.
田んぼと歩道の間にある構造物は,
「地吹雪防止柵」というもので,
雪が風にとばされて道に溜まるのを防ぐものです.

会津若松駅にもいってみました.
駅に停車中の車両に描かれていたネコ駅長.
鉄道の駅長なのに,バスという名前というのが変ですが.
d0179225_0231515.jpg


後は,会津若松を抜けて,
磐梯山周辺をドライブ.
ここでも時間がない上に,
天気があまりよくなく
見せたい写真はなし.
d0179225_0244530.jpg

車中からの写真.火事かと思い近づくと,
d0179225_0261012.jpg

山腹から噴煙があがっていました.

少しだけ登山.
d0179225_0263924.jpg

火口の様子.
d0179225_027413.jpg


福島から高速に乗り,日光ICまで.
東北自動車道分は1000円でしたので,
安くあがりました.
日光では,広大の後輩で人生の大先輩の方
と会いました.

夜は,日光近くのペンション.
微妙な食事の量に
ある意味印象に残りました.

明日は大学へ.
某学会の仕事をしなくてはならなくなりました.
あとは,インドの仕事を9月中に片づけないと.
[PR]
by kumakuma1103 | 2010-09-23 00:34 | 雑記 | Comments(0)

会津西街道

ご無沙汰です.
休暇をとって会津や日光へいってきました.
会津西街道は行ってみたかったところで,
ようやく行くことができました.
その理由は,
茅葺きの宿場町の大内宿にいってみたかった.
明治初期に東北日本の旅行記を書いた
イザベラ・バードが通っていた道だから.
日光地震に伴う天然ダムが生じた場所に行きたかったこと.
ですが,強行軍のためほとんどドライブに終わってしまいました.

書くのが面倒になってきたので,
とりあえず写真のみ.
気が向いたらコメントをいれます.
d0179225_0244880.jpg
d0179225_0243647.jpg
d0179225_0242487.jpg
d0179225_0241264.jpg
d0179225_0235916.jpg
d0179225_0234345.jpg
d0179225_0232643.jpg
d0179225_0231274.jpg
d0179225_0225896.jpg
d0179225_022458.jpg
d0179225_0221444.jpg
d0179225_022013.jpg
d0179225_0214980.jpg


途中の写真にあるように,
バードが泊まった家が大内宿にありました.
解説文を見つけた瞬間うれしかったです.
当時(明治11年)は,ダニやシラミが宿の中にたくさんいて大変だったことや,
外国人を見ようとする村人が集まってきたなどの記述があり,
現在とは大きく違っている様子がわかります.
バードの旅行記の和訳本は「日本奥地紀行」.

あと大内宿の宿場用水も観察してきました.
ここは宿場の手前で分流させて,
二つに分かれるタイプですね.
このタイプのは,渋川の金井宿ですが,
あれは宿場の裏側に流れるので少し違うかもしれません.
とりあえず,タイプ別に分類して
共通項を探るのが地理らしいやり方ですね.

適当ですみません.
[PR]
by kumakuma1103 | 2010-09-22 00:35 | 雑記 | Comments(2)

畑の作付けプラン

借りている畑で,
冬の野菜の作付けをどのようなプランにするか?
今まで結構適当にやっていましたが,
ブログをはじめたので,
イラストレータで作付け予定図をつくってみました.
d0179225_2244736.jpg

青字が植え付け予定の野菜で赤ワクがその範囲.
黒字は今現在植わっている作物で,黄ベタ塗りがその範囲

いものあとにタマネギっていいんでしょうか?
どちらも地中に実ができるので少し気になりますが,
ちょうどいいんですよね.植え替えのタイミングが.
さつまいもは10月頭に収穫.
タマネギは10月末に苗を植えるので.
[PR]
by kumakuma1103 | 2010-09-15 22:02 | 雑記 | Comments(0)

二毛作を撮る9月13 日

続いてブログ更新です.

大学で用事を済ませた帰り,
定点観測をするためいつもの場所へ.
そこには明らかに南アジア系の外国人がウロウロしています.
かなりあやしいかったのですが,
とりあえず,いつもの位置から写真を撮りました.
d0179225_22535613.jpg
d0179225_2253449.jpg


戻りがけにもまだ彼がいたので,
なにしとるんかと声をかけてみました.
すると,車で迎えにくる奥さんを待っているとのこと.
ひとしきり話をすると,
まあ余りここで書くと,差し障りがある
プライベートな事を話してくれました.
出身もやはり南アジアの国でした.
僕が入管関係者だったらどうなるんでしょうか?

お前のように突然話しかけてくる
日本人は珍しいと喜んでいました.
奥さんが迎えにきたので,そこでおしまい.
[PR]
by kumakuma1103 | 2010-09-14 23:01 | 定点観測 | Comments(0)

安中地形調査2

今日もW君との地形調査.
ブログでも誘っていますが,
他の方はだれもきてくれません.
3Kな仕事と思われているからでしょうか?
あながち間違ってはいないのですが.

そういえば,ラジオで
国産松茸の価格が
400gあたり7万円といっていました.
ブータンに行ったときは,
1kgぐらいは軽く食べたので,
15万円分は食べた計算になりますね.

さて,今日も安中です.
手始めにW君宅周辺の露頭から

10091401
一面火砕流の堆積物.
火砕流の堆積面高度と年代が
段丘発達を考える上で重要.

板鼻宿近くの大露頭.
今日は近づけずですが,
遠目で見る限り上から下まで全部堆積層.
断層上盤側に厚い堆積層ということなので,
これはかなり重要.

その後,段丘面の上を歩いて露頭を探す.
歩く作業は手間がかかりますが,
車では見落としがちな露頭が
見つかることが多いです.
段丘面上からとった観音山丘陵.
見事な撓曲崖(断層運動によって丸みを帯びた崖)が
シルエットで浮かびます.
d0179225_2238580.jpg

高崎観音と高崎市街地の間は
深谷断層という逆断層性の活断層.

昼前に,新島学園付近にある
中位段丘堆積層と基盤を確認.
かなり薄い堆積層からなる段丘面.
これも土地所有者がおらず再度要調査.

昼食後,中山道の中宿(板鼻宿と安中宿の間)の街道を通過.
戦後直後は,この通りの両端に橋が架かっていて
多くの人や車の往来があったのですが,
今では,両方とも別の所に橋ができたため,
さびれています.
d0179225_22405589.jpg
d0179225_22411180.jpg


川向こうの旧中山道から
撮影した大露頭の写真.
W君はレーザー測距器で.
地層のおおよその厚さを計測中.
d0179225_22432665.jpg


午後から大学に用事があったので,
ここで調査終了.
帰りに「二十世紀梨」を購入.
研究室にてS先生とTさんとで食べる.
いつもいるM(スイカ娘)さんがいないので,
研究室の冷蔵庫に1つ入れておきました.
Mさんどうぞ.

[PR]
by kumakuma1103 | 2010-09-14 22:50 | 授業 | Comments(5)
今日も写真判読の日々で,
特にネタはなし.
なので,群馬出身者を見分ける方法を
こっそり教えます.

さて,どのようにして見分けるのか.
ヒントは上毛かるたです.
上毛かるたを知らない人はこちら
群馬県の小学生はみな覚えていて,
競技大会まであります.

この上毛かるたが,
群馬出身者を見分けるための素材としてよいのは,
・群馬県民は読み札をほとんど知っている
・他県の人はそれらを全く知らない
という条件のためです.

ただ,単刀直入に,
「上毛かるた知っている?」とか
「沼田城下の....」といっても,
もしかしたら警戒(何に?)されて
知らないふりをされるかもしれません.

そこで,登場するのが,
下の読み札です.
「中仙道 しのぶ安中杉並木」
d0179225_2046369.jpg

ちなみに現在の様子.
d0179225_20462542.jpg


上毛かるたの札の読み方には
一枚一枚特徴があります.
実は,「中仙道 しのぶ安中杉並木」を読むときの,
「なかせんどう」のアクセントは,語頭の「な」にあります.
一方,「なかせんどう」の一般的なアクセントは
「せん」にあります.

もうおわかりですね.
このアクセント位置の違いで,群馬出身者かどうかわかります.
普段の生活で「中山道」という言葉は,
上毛かるたの時以外にはほとんどでてこないので,
アクセントの位置が違うかるたの読み方をしてしまうのです.

中山道の読み方は,これでおかしくないと反論する方には,
じゃあ「東海道」はどういうアクセントで話すのかと訊ねますと,
「東海道」は,一般的なアクセントで話します.
そこで,自分が話している「なかせんどう」は
かるたに影響をうけた発音だと気づいてもらえるのです.

なにか群馬県民をコケにしたような書き方ですが,
もちろんそんなことはありません.
上毛かるたは群馬の代表する誇るべき文化だと
思っています.
僕自身読み札全部覚えていますし,
読み札にでてくる場所へ行くことが
ドライブの目的にもなっています.

上毛かるたのネタはまた話題にします.

(追記 9/14 mad3110さんから上毛「カルタ」ではなく「かるた」との
ご指摘を頂きましたので修正しました)
[PR]
by kumakuma1103 | 2010-09-13 21:15 | 群馬の地理・温泉 | Comments(7)