地形学の視線で見たこと,感じたこと


by kumakuma1103

<   2010年 08月 ( 46 )   > この月の画像一覧

バンコクより

今バンコクの空港で、現地時間9時過ぎ。
ボーディングが9時半から始まります。
定刻より少しおくれてバンコクに着き、
タイ式足マッサージ屋にいき時間つぶし。
チップを求められるが、500バーツ紙幣しかなく、
小銭をあげると渋い顔。

あとは、うろうろしながら、
ブータンで食べていない、
ラーメンとハンバーガーを食べました。

まあ特に書くことはないですね。
[PR]
by kumakuma1103 | 2010-08-31 23:15 | ヒマラヤ | Comments(2)

ブータン日記31

前のメールが最後かとおもいきや
空港でネットが使えましたので、
これが最後です。
日記の番号も、その31と少し半端ですが。

8時にホテルにYさんも
見送りに来てくれました。
そこで一枚。
d0179225_13561441.jpg

Kさんはパロまで同行してくれました。
僕が乗る予定の飛行機に乗ってくる
GLOF本隊のメンバーを迎えに行くのが
本当の仕事。

チェックイン、イミグレをおえて、
ボーディングをまっているところ。
途中、広島からきた女性二人と話。
実は、彼女らには昨日写真を撮ってあげていました。
広島か広島に近いアクセントだなと思ったのですが、
案の定。
一人の方は、
学部生の頃住んでいた場所近くの方。
ブータンでショージ田口店の話。
待合室の様子。奥に歴代国王の写真。
d0179225_13571377.jpg
d0179225_13573161.jpg


では日本で会いましょう。
[PR]
by kumakuma1103 | 2010-08-31 13:58 | ヒマラヤ | Comments(6)

ブータン日記30

朝の5時過ぎ。
昨夜は疲れて寝てしまったので、
今からパッキング。これがめんどうです。
おそらくこれがブータン最後の投稿だと思います。

昨日の食事会で、
JI●A所長のNさんから、
ブータンと国交を結んでいるのは、20数カ国ぐらいで、
また安保理常任理事国とはどことも国交を結んでいないことを
伺いました。
これはひとえにインドの影響が大きいようです。
まあ日本は、インドにとって人畜無害な存在なので、
いろいろ支援活動できているのではないでしょうか。
あとは、さる高貴な方からDGMに対して、
一つの依頼があったことをKさんから伺いました。
DGMはそれでバタバタしているとのこと。
依頼とは、その方の自宅の水まわりのことに関する質問で。
「自宅」って書いていて自分でおかしくなりました。
間違ってはいませんけど。
もう1週間その依頼が早ければ、
僕もその自宅へいけたかも。
かなり残念でした。

さて、今回の調査の総括を。
1.ブータンヒマラヤ南縁に沿って活断層が稠密に分布していること。
2.その分布パターンは、ネパールヒマラヤとはかなり異なっていて、
ブータンでは、やや広い範囲に山地に平行する複数の並走する断層が分布していること。
(一方、ネパールでは、MBTやシワリク丘陵前縁など限られた狭い範囲で断層が分布している)。
3.これら山地に平行する断層群は、垂直的な変位が主で、おそらく逆断層とみられること
4.いくつかの断層は山地に対して斜行するものがいて横ずれ変位を示すこと。
5.断層分布パターンの違いは、下盤側にあたるガンジス平原の構造の違いによる可能性があること。

ブータンで今後やるべき仕事。
1.より北の範囲の写真判読をして、ブータン活断層図を完成させること。
2.写真判読だけで断層がわかるのかという、ブータン人の疑問を払拭させるため、
フィールドにでて断層を確かめること。

この調査、いままでで一番快適な海外調査でした。
至れり尽くせりで、やるべき仕事に集中することができました。
科研でいくアウトローな調査とは全く違ってました。
まあ、JI●Aからの派遣ということもあるのですが、
それだけでなく、こちらの意図を十分に理解してくれて、
それに対して細やかな配慮ができる方が近くにいるからだと思います。
Kさん(とご家族)、Yさん、本当にお世話になりました。
(Yさんにはブログのアドレスを伝えていないのですが...)

次は、日本から
もしくはバンコクの空港からのアップです。
[PR]
by kumakuma1103 | 2010-08-31 08:42 | ヒマラヤ | Comments(0)

ブータン日記29

今、夕方の6時。
(翌日の朝5時、写真と記事の追加あり)

朝DGMへ行き、
まずはDGMのプロジェクトリーダーに
調査報告とお礼のあいさつに。
結構まじめにこの調査を考えているようで、
ぜひまた来てほしいと、社交辞令ではなさそうでした。
次回来るなら首相や大臣にあわせるとかなんとか。
昨日首相にニアミスしたんですよとはよう言わず。

次に、ある地域の地形図をコピー、
いやいやすごいところの地形図があるんですよね。
絶対ほかでは手に入れられないやつが。
その後、DGMのライブラリーで
めぼしい文献を探す。
その中に、ブータンの縮尺2万5000分の1地形図が数枚...。
やっぱりあるところにはあるんだ。
まあrestrictとは思いますけど。
次回はDGMにお願いして、
これを手に入れてもらいます。
もしこれが原図にできるなら
ものすごくやる気がでます。

お昼はKさん宅にて。
DGMの若手カウンターパートのJ君(右)とP君(左)、中央はKさん。
d0179225_7511272.jpg
P君は「よう、ノビタ。いいもんもってんじゃん」といいそうな風貌。
このP君、別の日本人からしょうもない日本語を覚えていて、
まあここでは書けないことをこっそりと僕に言ってきます。
一方、J君は端正な顔立ち。
P君いわく、「(結婚しないのは)彼にはいろいろ仕事があるんだよ」と。

奥さんの手料理を2回いただきましたが、
すべての料理の味付けがやさしいです。
こういう手慣れた味をつくれるのは、
すごいですよね。
当ブログをチェックしていただいているとのことなので
お世話になりましたとお礼を。

そのままKさん宅からホテルへ。
それからいろいろ買い物をしてきました。
リンゴのワインがあったので地理研用に。
栓が甘そうなので最悪置いて帰りますが。

4時前にJI●Aオフィスへ。
d0179225_7521757.jpg

d0179225_7523952.jpg

ただ正式にあいさつする前に、
すでに3回所長にあっていますが、
今回はようやく最後になって正式に。
ぜひまた来てくださいとのありがたいお話。
あとは、ネパールとブータンのプロジェクトが
なんたらかんたらの話。
偶然どちらにも絡んでいるのが僕のようで。

5時半にオフィスを退散して、
懸案のチョルテン周りをしてきました。
d0179225_753347.jpg
ようやくこれで3回まわりましたので、
GLOFsグループの安全と成功は
約束されたようなものです。

で、今からある人のご自宅での食事会となり、
Kさんを待っているところ。
写真は後で追加します。

とりあえず文章のみ。
[PR]
by kumakuma1103 | 2010-08-30 21:12 | ヒマラヤ | Comments(0)

ブータン日記28

今、朝6時。
かなり将来ありそうな夢をみましたが、
内容を書くと差しさわりがあるので自粛。

さて、昨日の行動の後半です。
シーズンズへDGMを出ようとすると、
DGMのNo.2のYさんが休日出勤。
連れているのは孫娘。
技官ではトップで、
今回のプロジェクトのリーダー。
レポートの提出先もこの方。
非常に好意的に対応していただきました。

シーズンズへ。
まずは生ジュースから。
d0179225_927219.jpg

僕はパパイヤ、Yさんはスイカ。
先週だめだったサラダを注文。
d0179225_9275332.jpg

白いのはナシです。
野菜がシャッキとしていました。

次に、なすとトマトのピザ。
チーズがおいしいかったです。
d0179225_9281791.jpg


最後にパスタがきたのですが、
料理を出されると、
写真を撮ることを忘れて、
夢中で食べてしまいました...。
ハムとしいたけのクリームパスタでした。

そのあと、Yさんは
携帯電話のsimカードを購入。
d0179225_9293523.jpg
インドと同じ方式で、
カードにある数字を携帯電話にいれると
店先で支払った支払い分が
料金としてチャージされる仕組み。
数字の印字部分は銀膜でカバーされていて
コインでこすって読みます。
桁が多いので勝手に数字を適当にいれても
駄目みたいですが。
一種の前払い制度ですね。

その後、
町をぶらぶら。
土曜日にいった時計台広場が人だかり。
d0179225_9321483.jpg
d0179225_9391685.jpg
この間と同じように、ゴミと環境のイベント関連の一環で、
素人さんのダンスなどのパフォーマンス大会だと思います。
こんなにブータン人が集まっているのをみたのは
ここにきて初めて。

歩いているとビックベーカリーのSさんと会い、
そこに首相がいるとのこと。
このイベントの視察できていました。
すぐに、近づいて一枚。
d0179225_93431100.jpg

(中央奥左の茶色のゴをきている方。
完全にミーハーですね。
偉い人と話をする場合は、
「目をみず」「口をおさえて」「前かがみで」
「こちらから話しかけないで」など
いろいろ固有のマナーがあるようです。

最後は、副流煙を警告するポスター。
d0179225_9353632.jpg

下のポスターは意味深ですが、
解像度が悪くしたので、
吹き出しの中身は読めないでしょうね。

路上に設けられた駐車スペースに止めると、
出るときに、集金の人が駐車料金をとりにきます。
d0179225_9361083.jpg
が、彼らが近くにいないと支払わずにいけるようでした。

今日は、DGMのYさんに挨拶をすること。
DGMの資料室にあるめぼしい資料や
まだコピーしていない地形図をコピーすること。
空中写真を資料室へ戻すこと。
JI●Aオフィスへいき、
調査報告と挨拶をすること。
パッキングをすること。などいろいろあります。

ブータン滞在も残すところあと2日。
名残惜しいですね。
[PR]
by kumakuma1103 | 2010-08-30 09:36 | ヒマラヤ | Comments(2)

ブータン日記27

今、夜の11時半前。
さきほどまでDGM宛ての簡単な報告書を
書いていました。

さて、今日の行動も、
首相に接近したりといろいろあったので、
2部制にしたいと思います。

前のブログでちょこちょこ書きましたが、
隣の建物でプジャ(祈祷)が行われていて、
まあそれがあったために良かったこともあったのですが
いかんせん臭いが尋常ではありませんでした。

はじめは臭いよりも
銅鑼やホラ貝の音が聞こえてきました。
てっきり祭りか、あるいは祭りの練習かと思い、
窓の外をみても、人が集まっているような場所はなく、
そもそも建物が近接しているので
視界が狭くわかりません。
それで服を着替えて外に出てみると
音が止まってしまい、
どこでなっているのかわかりません。

まあともかく山側から聞こえてきたようなので、
チョルテンやJI●Aオフィスまで歩いてみると、
また音がなっています。
しかも今度は歩いているところと
僕の泊っているホテルの間から聞こえてくるので、
ホテルに戻ることにしました。

戻る途中、ヒンズー教の集まり。
d0179225_2591288.jpg
クリシュナ神の誕生日がどうやら9月1日らしいです。
d0179225_2593293.jpg


次いで、銅鑼の音に導かれると、
一軒の民家で面白そうなことをしているのが見えました。
d0179225_30170.jpg

今見ると、この写真、図らずも僕の部屋が写っています。
(赤い丸のところ)
近づいてみると、織物を作っていました。
d0179225_31821.jpg
この作業の専門用語があると思うのですが、
経糸を、一本ごとに途中に挟まれている竹製シャトルの上下のどちらかを
またぐように分けているようです。
(書いていても自分自身よくわからんので、また織物の本をみて勉強します)

それを巻き取って、今度は、家の入口に置いてある古風な織物機で横糸をいれていきます。
d0179225_33864.jpg

途中、足のペダルをふんだり、踏むペダルを変えたり、
横糸がついた木のシャトルを左右に飛ばしたりと、
忙しくしていて、少しずつ布ができていました。
この女性にきくと、この家の男性のゴ(正装)をつくるために
やっていて、販売用ではないとのこと。
今作っている束ともう一つ同じ束をつなげて
一人前のゴができるようです。

d0179225_34975.jpg
祖母、母、娘の三世代。
ただし祖母は義母とのこと。

ひとしきり機織り作業をビデオに撮りました。
日本では100年前まではみんなやっていたというと、
日本は工業化しているから
つくらなくていいのでいいと娘がいうので、
昔からの技術が受け継がれている
こっちのほうがよほどすごいと答えましたが、
向こうは納得していなかったよう。

その後、護摩を焚くところを横切り、
銅鑼やホラ貝が鳴る家を特定。
(黄色で囲んだところ、赤で囲んだところが僕の部屋)
なんだ隣の建物の一番上だったのか。
d0179225_354675.jpg


まあ、機織りが見られたので
よかったですが、
部屋中、この護摩焚きにいぶられました。
d0179225_362750.jpg


で、ホテルの部屋に戻って位置関係を確認。
d0179225_37299.jpg

赤丸のところが機織りのいえ。
祈祷している家は、正面の窓のないところ。
まさか、銅鑼が部屋の中でなっていたとは。

その後DGMへ行き、
Yさんとまたもやシーズンズへ。
第1部はここまで。
[PR]
by kumakuma1103 | 2010-08-30 03:07 | ヒマラヤ | Comments(0)

ブータン日記26

昨日の行動の第2部です。
さっきまでテレビでセリエAの試合をしていて、
みると、ローマとたたかっているチームの中に
長友の姿が見えました。
デビュー戦らしいですね。

そういえば先日、ドイツのブンデスリーガを
みていると、アナウンサーが
「日本人の選手のデビューです。“うしだ”です」と。
うしだっていう選手は知らんぞ。とまた聞いていても
うしだ、うしだを連発。テロップででてきて確認すると内田篤人でした。

さて、本題に。
------------
大仏詣でから帰って
10時20分にDGMへ。
途中バレーの試合をしていました。
d0179225_13372350.jpg

まあレシーブが悪いこと悪いこと。
ラリーがあまり続きません。

DGMでは、JI●Aにだす報告書をまとめる。
途中、Kさん一家が顔出して、
DGMのGさんが休日出勤して地質図をまとめていたとのこと。

で、Gさんのところへ顔を出し、
みると、判読した地域の
5万分の1スケールの地質図を製作しているではないですか!
d0179225_1338171.jpg

写真右がGさん。
すぐに、僕の判読図をもっていき、
簡単に比較してみると、やはり地質境界か地質断層に沿って
活断層が発達しています。
Gさんもかなり興味があるようで、
完成した図をPDFにしてメールで送ってもらい、
活断層の位置をいれたものを送り返すと約束をしました。
あと、Gさんは僕のところに来て、
先日の発表会の内容について質問をしてくれました。
特に、山地部でどうやって活断層を認定するのか、
リニアメントとどう区別するのか?とのこと。
確かに変位基準が少ないので難しいのは確かです。
僕の場合は、怪しいリニアメントがあれば、
とりあえずリニアメントを示す黒色を引いていて、
途中で確実に変位地形と認定できる根拠が見つかれば、
連続するリニアメントを、
活断層を示す赤色に変更していると答えました。

昼食はYさんと。
またもやプラムズカフェで、
同じようにジンジャーライスを注文
(実は3度目)。
これは日本でもつくれますね。
味付けは、しょうがを細く切って
醤油と塩で味付けているだけだと思います。
------------
(ここまで書いていて外が銅鑼の音でうるさかったので
何事かと外にいってみて、約1時間たって今戻ってきました。
結論として外で銅鑼が鳴っていたのではなく、
隣の集合住宅の中で銅鑼がなっていることがわかりました。
プジャ(護摩)らしいです。
あとは、伝統的なゴ(男性用正装)の布地をつくっている家があり
作業をみせてもらいました。これについてはまた別の投稿で)

----------
ジンジャーライスと、
ブロッコリーのオイスターソース炒め、焼きそばのあんかけ
(書いていてホラ貝と銅鑼が鳴っていてうるさい)
を食べました。

その後、時計台でやっているゴミフェスティバルに。
d0179225_1338497.jpg

会場にあった趣意書はこちら。
d0179225_1340468.jpg
マニ車が備え付けている建築物に、
豪快にホッチキスで留めていました。

古着の車カバー
d0179225_13413225.jpg
d0179225_13423978.jpg
d0179225_13431166.jpg


エコバックはブータンでは当たり前。
d0179225_1359448.jpg
ほとんどビニール袋をみません。

雨の目抜き通り。
d0179225_13442355.jpg


DGMに戻り、地形図をコピーして、
ホテルに戻りました。
帰る途中、まだバレーをしていました。
d0179225_13445239.jpg


その後、Kさん一家が、
市街北の高台にあるテレビ塔へ連れて行ってくれました。
少し暗かったのですが、
こんどは北からのティンプー市内の眺望。
d0179225_13452147.jpg


テレビ塔にのぼる道の車中、
国王が自転車でここをよく通るらしいという話をきく。
テレビ塔につくと、
警備兵が尋常なく強い調子で退けというしぐさ。
どうやらこの車に皇族関係者が乗っていたらしい。
すばやく写真をとるがいまいち。
d0179225_13473048.jpg

確かに荷台には自転車が...。
Kさんの奥さんがぱっと見、
先代の国王のようだったとのこと。

今日は、当初ゴルフ場の
(松か杉がいぶされた臭いがしてきました)
ゲストハウスの食堂で夕食をとることを
Kさんは考えていたようですが、
あいにくゴルフトーナメントの開催中で、
ゲストハウスが男くさいにおいで充満。
d0179225_13503255.jpg
d0179225_13505733.jpg


このコースでホールインワンをした方が
このリストにのるようです。
d0179225_13513540.jpg
よくみると、His majesty(国王)やら日本人の名前も。
d0179225_1352340.jpg


結局食事は正統派インド料理屋へ。
d0179225_13522332.jpg

Kさんの娘Yちゃんはずっと寝ていました。
食事はおいしく、
チキンカレー、豆カレー、タンドリーチキンなど。
d0179225_13525558.jpg


それからホテルに戻り就寝。
充実した休日でした。

(まだ匂ってる。って雨が降ってきました。
そのため、さらに煙が増えてきました。
くさいが雨なので出たくないし)

おわり
[PR]
by kumakuma1103 | 2010-08-29 13:53 | ヒマラヤ | Comments(0)

ブータン日記25

今、朝の6時。
昨日の行動の話は少し長くなるので、
またもや2部制に。

昨日朝は6時に起床。
一昨日は少し飲みすぎだったので、
酔いざましを兼ねて、尾根にある大仏へ。
前にグラウンドから撮った写真から。
d0179225_1018477.jpg


7時半に出発。
市街地が入り組んでいるので、
大仏への道を探すのは難しいと思い、
ホテルに貼ってあった地図をデジカメで撮影し、
それをみながら歩く。

途中、ブータンで一番大きい中央病院を通過。
d0179225_10184751.jpg


建築現場
砂の上に置いてある道具が気になる。
d0179225_10195911.jpg


大仏への道は、ショベルカーで斜面を削って道路の幅を確保しただけ。
地層むき出しの法面が連続。
d0179225_10212025.jpg

変成岩の地層が深層風化。
手でボロボロできるほど風化していて、粘土化しています。
ティンプー周辺の山はみんな表層がこうなっているのでは。
かなり危険だと思いますけどね。

ティンプー市内の眺望。
d0179225_10214421.jpg

北に向かって撮影。

牛とタルチョー。
d0179225_10221089.jpg


ようやくゴール。
1時間40分ぐらいかかりました。
d0179225_10223689.jpg

大仏はまだ製作途中。
実は、大仏近くは立ち入り禁止だったようですが、
けもの道からきたため柵がなかったので、
わかりませんでした。
あんまり良くないことですが、
来たからには、大仏に上って、
肩越しに写真をとりたいですよね。
で、大仏の足場に上りたいと思い、
責任者を探す。
大仏に近づくと、なにやら偉そうな人が。
話してみると、中国人。
結構フレンドリーで会話がすすんだので、
上らせてくれと本題に。
いやそれだけはダメと何回も。
「いやポリスがいるから」と。
まだ朝早いからそんなことはないだろうと思っていると
その、件の警官が。
どうも大仏に常駐しているようでした。
なんでも第三の目にはダイヤモンドがあるとかないとか。
あまり雰囲気が良くなかったので、そうそうに退散。
帰りは、けもの道ばかりを選んでショートカットして帰る。

途中、リンゴの出荷風景を発見。
d0179225_10231026.jpg
サイズごとに4段階ぐらいに分類して箱詰め。
d0179225_10264557.jpg

一番小さいのは捨てるというので、
ジュースにすればというと、
そんなことをしても面倒だとのこと。
日本の出荷よりも少し早い気がします。
収穫後のリンゴ園。
d0179225_1026042.jpg


帰りも病院前を通る。
病院前にあった選挙の啓蒙ポスター。
d0179225_10271787.jpg

右下のポスターで指に色が付いているのは、
投票済みというサイン。
二重投票を防ぐとのこと。
女性の政治参加を促すのが多いのですが、
こちらではそもそも女性が明るい(強い?)印象をもちます。

病院前のモモ(蒸し餃子)屋。
青いバケツにモモが入っている。
d0179225_1035568.jpg


前にいったチョルテンへ。
1周回りました。
Yさんから3周回わる必要があるときき、
そういえば、先週1周まわったので、
あともう1周回って、
氷河湖調査グループの安全と成功を
祈る必要がありそうです。
チョルテンで五体倒置する人が。
痛くないように板あるにもかかわらず
石の上でやっています。
d0179225_1030065.jpg


Slow Drive, Long Life
d0179225_10303695.jpg


ホテルには9時40分に戻ってきました。
シャワーを浴びて、DGMへ。
第1部はここまで。
[PR]
by kumakuma1103 | 2010-08-29 10:30 | ヒマラヤ | Comments(0)

ブータン日記24

今、朝の7時前。洗濯をしたところ。
そういえば、思いだしたので備忘録。
前にブログに書いた図書館に勤めている
JOCVの方と昨夜の飲み会で少し話をして、
500ヌルタム(子供は250ヌルタム)のデポジット(預け金)をして
借りられるとのこと。

天気は悪いのですが、
少し先の尾根にみえる仏像まで歩いてみようと思います。
折角持ってきたフィールド用の靴も使わないと。
[PR]
by kumakuma1103 | 2010-08-28 09:55 | ヒマラヤ | Comments(0)

ブータン日記23

今、夜の11時過ぎ。
松茸パーティは本当に松茸だらけ。
d0179225_2413589.jpg

d0179225_2381139.jpg

もう松茸はいいです、堪能しました。
はじめは、ブータン滞在中の駒沢大地理のE先生と会話。
なぜブータンが乾燥しているのかを教えてもらいました。
その後、広島出身で考古学を専攻されていた方と
ブータンのゾン(古城)がどういうところに
立地しているかについて少し話をしました。
まじめな話をしていますが、この写真。
d0179225_2444788.jpg


その後、青年海外協力隊(JOCV)一行と
彼ら行きつけの飲み屋へ。
d0179225_2424993.jpg

JOCVの一人が、広島出身で大学は群馬という、
僕とルートがかなりかぶっている方も。
超ローカルな話題の五日市の万惣とか、
ダイイチ(現デオデオ)のサテライトNO.1の話とか、
一転、前橋の天川大島の松並木や、フレッセイの話とか。
両方ともわかる人って、かなりレアだと思います。
JOCVの仕事はさまざまで、
病院設計、水道施工管理、測量技師、図書館司書などを
されているそうです。
d0179225_2441345.jpg


DGMの職員がもっていたもの。
d0179225_2374957.jpg

ひょうたんです。
ひしゃくになっているし、
取っ手の部分の先端が穴があいているので、
そこから注ぐこともできるのです。
ひょうたんも照葉樹林文化の一つでしたっけ?

明日はDGMへいって地図をコピーしようと思っています。
[PR]
by kumakuma1103 | 2010-08-28 02:45 | ヒマラヤ | Comments(0)