地形学の視線で見たこと,感じたこと


by kumakuma1103

カテゴリ:広島の地理・地形( 35 )

あの番組

あの番組の撮影が無事終わったようで.

さきほど担当Dから連絡があり,
ガイドは,僕が紹介した二人とのこと.
紹介した甲斐がありました.

まあここの常連さんは,
どの番組かはわかると思いますが.

放映されたら,
盛り上がるでしょうな.
[PR]
by kumakuma1103 | 2016-06-29 21:54 | 広島の地理・地形 | Comments(0)

広島市内の標高地図

ちょっと気になって5mメッシュデータから
広島市内の標高地図を作ってみました。
tanetaneさんにあげようとつくりました。
d0179225_22453014.jpg

凡例の数値が変なのはご愛敬。

例のあたりの拡大図
d0179225_22463634.jpg



広島城築城当時の海岸線の推定は,
少なくとも標高が揃っていなくては駄目なんじゃないかなと思っています。
今の推定図だと,当時の海岸線の標高が違っています。
もちろん,その後浸食や堆積によって推定された当時の海岸線の高さが異なるというならわかります。
たとえば,川の周りなら洪水による土砂の堆積などは考えられます。

ただ,面的に広がる洪水や浸食は
築城以後はないはずなので,
当時の海岸線の標高が揃っていないということは,
当時の海岸線の推定が間違っていると思っています。

これに地質情報を加えるとより精度の高い海岸線が描けるし,
近世の干拓面積も正確性が増して,
どれだけ耕作地が増えたかもわかりそう。
[PR]
by kumakuma1103 | 2016-06-16 22:46 | 広島の地理・地形 | Comments(6)

サンフレ練習その2

サンフレメンバーの練習が終わり,
バスに乗り込む塩谷。
d0179225_17385851.jpg


その後,僕と次男もピッチの中へ。
次男とセンターサークルの中心に。
結構すごい。
d0179225_17375155.jpg

d0179225_17374627.jpg



ピッチから外に出ると,
バスに乗らなかったウタカが。
d0179225_17394068.jpg


よくわからんが,
ツーショット。
d0179225_17395080.jpg

実は昨日2得点していたらしい。
何でヤンキースのキャップなんかと尋ねた
自分が恥ずかしい。

ちなみに子供の試合は,
2敗1引き分け。
[PR]
by kumakuma1103 | 2016-04-02 17:42 | 広島の地理・地形 | Comments(0)

サンフレ練習

長男のサッカー大会に同行。
場所は,昨日サンフレの試合のあった
エディオンスタジアム。

午後からの試合でしたが,
午前中はサンフレのメンバーが練習していました。

はじめは「のぞき」で練習を観察。
d0179225_1733815.jpg



その後,シートから観戦できることに気づきました。
d0179225_17334334.jpg



練習の様子
d0179225_1734883.jpg



僕はわかりませんが,
長男が判別。
d0179225_17343137.jpg



練習後,シューズ入れにサインをもらっていましたが,
あいにくボールペンしかなく,
よくわからない。
d0179225_1735580.jpg



拡大。千葉ちゃん?
d0179225_17353425.jpg



茶島?
d0179225_17354965.jpg



その後サンフレメンバーの練習が終わり,
子供たちが中へ。
d0179225_17363441.jpg

[PR]
by kumakuma1103 | 2016-04-02 17:36 | 広島の地理・地形 | Comments(0)

竹原大乗の天井川_その4

で,なぜ天井川ができたのか.
以下は仮説.

d0179225_3271944.jpg


1)もともとは山から出てきた川はまっすぐ伸びていて,
扇状地を形成していた.
2)扇状地下流にある沿岸の干潟で耕作をしたいので,
河道を現在のように人々が曲げた.
曲げた位置に人工堤防を築いて河道を固定したはず.
3)曲げた際,川の左岸(図で言うと右側)の山の斜面を
削っているので,その土砂が川の両岸に堆積.
僕が自然堤防?と「?」をつけたのは,
形状はまさに自然堤防ですが,
人為的に河道を曲げてつくったのに
自然堤防はおかしいと思っています.
おそらくは,山地斜面を削った土砂が
一度あるいは短期間に堆積してできた地形のはず.
4)新しい河道の両側に人工堤防を築き,
自然堤防?のあたりに新しい集落を形成.

というストーリーを考えています.

で,川を曲げた時代はいつか?
僕の直感は,「享保の改革」かそれ以降.
江戸時代中頃から,
人は自然を克服できるという
幻想が生まれたのではと思っています.
紀州流はすごいとは思いますけどね.
ただ,そのしっぺ返しが今災害として
現れているのかもしれません.

曲げた結果どうなったか.
耕作地は増えたと思いますが,
災害のリスクは増えたと思います.
90度に曲がったところは,
正直危険だと感じました.
一気に土砂がきたら土砂は曲がらずに
もともと扇状地をつくっていたところを流れると思います.

ちなみに,江戸時代ここは福田村と呼ばれていました.
それで藝藩通史ではどう描かれているかとみてみると,
現在と同じ地形をしていたので,
1825年頃までにはすでに今の状態となっていたといえます.

米軍2万の写真(R517_6_33)
d0179225_1010996.jpg

河口はきれいなカスプ状デルタ.
波浪や海流で浸食されていないのは
石垣とかで河口を固定していたのかもしれません.
天井川になった理由は背後の山の伐採に伴う
土砂流出の増大だと思っています,


帰りしな踏切の音がなったので
急いでいって撮影をしたら,
今度は強風による徐行運転が解除になっていました.
ものすごいスピードで走り去って行きました.
はじめの写真はいいタイミングで撮影できました.
d0179225_347142.jpg



本格的に調べるとなると,
表層地質の年代と層相を調べることでしょうな.
あとは測量か.
まあ5mDEMがあるから
それでやればいいか.
[PR]
by kumakuma1103 | 2015-12-25 03:49 | 広島の地理・地形 | Comments(2)

竹原大乗の天井川_その3

踏切で手を挙げる二人.
d0179225_374459.jpg



天井川と周辺の民家
d0179225_375090.jpg

ここは,天井川脇に自然堤防?がありそこに民家が立ち並んでいます.


河口はすぐそこ.現在は火力発電所があります.


で,上流に行ってみることに.
d0179225_375647.jpg



川が不自然にカーブしています.
d0179225_310267.jpg


ほぼ90度.
[PR]
by kumakuma1103 | 2015-12-25 03:11 | 広島の地理・地形 | Comments(0)
大乗駅で列車の行き違いがあるのは
調べていたので,
今度は上りの列車.
今度は天井川脇の自然堤防?から撮影.
d0179225_342023.jpg

d0179225_344131.jpg

d0179225_344446.jpg

d0179225_344860.jpg

d0179225_345229.jpg


はじめのほうが河床が写っているので
良さそうですね.
[PR]
by kumakuma1103 | 2015-12-25 03:06 | 広島の地理・地形 | Comments(0)

竹原大乗の天井川_その1

少し前ですが,
学部生のY君から
竹原に天井川があるとききました.
全く知らなかったので,
Y君とW君の学部生と,
マスターのM君で早速いってみることに.

ここはJR呉線が川のしたをくぐっているので
天井川とわかります.
単に線路だけだとインパクトがないので
やはり電車を待たねばなりません.

この日は大雨+強風.
行くのをためらいましたが,
逆に強風で呉線が徐行運転.
そのため写真を撮るのにはちょうど良かったです.

d0179225_2595855.jpg

d0179225_30489.jpg

d0179225_301518.jpg

d0179225_302021.jpg

d0179225_302735.jpg

d0179225_303180.jpg

d0179225_30352.jpg

d0179225_303950.jpg

d0179225_304712.jpg

d0179225_305036.jpg

d0179225_305532.jpg

d0179225_305878.jpg

d0179225_31189.jpg

d0179225_31644.jpg

[PR]
by kumakuma1103 | 2015-12-25 03:01 | 広島の地理・地形 | Comments(0)

「夏の花」の地図化

1年生向けの授業で,
原爆関連書籍の情報を地図化して
ガイドブックをつくることを考えました.

僕が試しに作らないと
学生も困るだろうと思い,
原民喜著「夏の花」を読み,
地図化を試みました.

d0179225_1036650.jpg


具体的な場所が分かることで
ただ単に読むより
リアリティが増してくると思いますし,
実際にこの場所に行けば
より理解が深まると思います.

作り方は,職業別明細図でまず地名や建物の位置を確認した後,
2.5万地形図(大正15年発行)に落として作りました.
[PR]
by kumakuma1103 | 2015-04-20 10:39 | 広島の地理・地形 | Comments(1)
今は遠くの被災地上空を飛んでいる
ヘリの音が聞こえるぐらい
静かな夜ですが,
昨日は猛烈な雨でした.

再び八木用水へ.
用水路は土砂で埋め尽くされています.
d0179225_23243521.jpg

d0179225_23243222.jpg

d0179225_23242759.jpg


その後,八木の土石流跡を歩くことに.
ここは筆舌に堪え難いところでした.
d0179225_23261615.jpg



再び低いところへ戻りました.
d0179225_23261771.jpg

d0179225_23283085.jpg
d0179225_23283610.jpg



最後に撮った安川左岸の八木用水.
d0179225_23282284.jpg




広島では,土石流災害が最も危険であることは
このブログでも書いていましたが,
言葉だけでは,
このような現実を思い浮かべるほどの
想像力が働かないことを強く実感します.
ただ,用水路を歩いた人はリアリティをもって
この土砂災害を認識してくれていると思います.

テレビ朝日のニュースステーションで
現地を視察したK先生がうつっていました.
K先生の授業「砂防学」は,
学部1年生の時受講しましたが,
ノートはいまだに取っています.


ほぼすべての谷が土石流の危険性がある広島の場合,
危険なところに住むなとはなかなか言いにくい.
さらに恐ろしいのは,
避難所すら安全ではない場所があるということ.
真夜中に逃げる方法があるのかといえば
かなり難しい.
停電している夜道を歩く方が
二次災害の危険性の方が高いと思います.
前の日の夕方から気軽にいけて,
安全な避難所があれば
いいのかもしれません.
[PR]
by kumakuma1103 | 2014-08-20 23:34 | 広島の地理・地形 | Comments(4)