地形学の視線で見たこと,感じたこと


by kumakuma1103

カテゴリ:未分類( 12 )

歴史のプリント

d0179225_21365096.jpg
長男のプリント


[PR]
by kumakuma1103 | 2016-07-04 21:35 | Comments(0)
なんとこの調査の日記が30にも達しました.

さて,TV番組の続き.
調査地の朝の様子を撮影中.
d0179225_2093765.jpg




バルディバスの様子.
おそらく学生時代にもこの位置から写真をとっているはずなので
変化がわかると思います.
正面奥に見える坂は断層崖.
d0179225_20105240.jpg





カトマンズに帰るときも撮影.
d0179225_20143764.jpg
d0179225_20143944.jpg
d0179225_20153351.jpg


何から何まで危険すぎる!.




この道路は日本の援助で出来ています.
d0179225_2014576.jpg



ネパール人に言わせると
もう少し道路幅が広ければいいのにとのこと.
予算の問題もあるし仕方ない気がしましたが.
[PR]
by kumakuma1103 | 2015-11-16 20:17 | Comments(0)
このお皿にあるラディッシュは,
二人でプランターで育てたものらしい.
さすがです.
d0179225_18113741.jpg


昔,群大の屋上で
野菜作りをしていたことを
思い出しました.

さて,この披露宴.
テーマが二つありました.
「上毛かるた」と「ご当地キャラ」.
(ゆるキャラというとスイカ娘さんからおこられます)

ご当地キャラをもっての写真.
d0179225_18125965.jpg



 式場から帰って写真をみて気づいたのですが,
受付のウエルカムボードに,
広島大学総合博物館の「Hirog君」が写っていました.
しまった,そのときに気づいていれば.
折角キラーパスを出してもらっていたのに気づいていませんでした.

全体
d0179225_18144577.jpg



ボードの上の方の拡大
d0179225_18145060.jpg


博物館の館長に伝えておきます.

あと,入籍の日はこちらとのこと.
d0179225_1817697.jpg

[PR]
by kumakuma1103 | 2014-08-08 18:16 | Comments(0)

カトマンズ日記その4

今は朝5時半.

ペンション近くには動物園があります.
昨日の朝の散歩はこの動物園の外周を1周することに.
d0179225_08335499.jpg







動物園正門前ではテコンドーの練習.
結構びしびししごかれていました.
d0179225_08345901.jpg




正門側からずっと反時計回りにあるいて
反対側の壁面にいくと,なにやらアートが描かれています.
d0179225_08344993.jpg

虎というより猫な感じですが.
d0179225_08341722.jpg
d0179225_08340657.jpg
d0179225_08343950.jpg


 bandh ruined my life! (ストライキが私の人生を支配した.)
d0179225_08342842.jpg



昨日は,11時過ぎにDe君来訪.
彼の不幸な出来事と,それへの対処をきく.
彼は濁したけど,
ポリティカルな問題もあるのだろうと思います.
また別の話もきく.
冷たい世代交代ではあるが,
仕方のないことなのかも.
自分がどう行動すればよいのか.
義理か実力か.
どちらにもいい顔をしたいので,
少し様子をみようかなと思います.
(この日和見の金吾野郎が)


彼と昼食,
シンガポール料理1000ルピー.

その後は仕事.
が,前の記事にあるように
結婚式でどんちゃん騒ぎ.
ただし一晩中やっていませんでした.


今日は,昼すぎからJ○CAへ.

[PR]
by kumakuma1103 | 2014-03-03 08:49 | Comments(0)

岐阜巡検その3

次に海津市歴史民俗資料館へ.

何やらでかい.
d0179225_22201529.jpg


資料館の庭には「堀田」がありました.「堀田」の説明も面倒なので,ググってください.
d0179225_22202231.jpg
d0179225_22203012.jpg
d0179225_22202633.jpg


解説もしていただきました.
d0179225_22204351.jpg


板倉でみた揚げ舟があります.字は違っているようですが,機能はいっしょ.
d0179225_22223397.jpg
d0179225_22210142.jpg



結構ためになったのが,水防小屋の中にあるものの展示.
前から何が入っているのか気になっていました.
d0179225_22290173.jpg

解説の方がおっしゃっていたのは,堤防が壊れないための作業や漏れ始めたときの作業など状況に応じて様々な作業があるし習熟する必要がある作業ばかり.それらを行える道具は保管しているけど,結局そのやり方を今の人たちは知らないので,小屋に道具があっても役に立つとは思えないということ.下のジオラマは,その作業の様子を捉えたもの.確かにいろいろあります.
d0179225_22212912.jpg


あと,面白いと思ったのは,輪中(自然堤防帯)に井戸をつくると自噴するところがあるというところ.株井戸というらしい.知らんかった.
d0179225_22235002.jpg


船に乗っているマネキンをアップで撮ったもの.
「先生,なんでそんなにアップで撮るの?」
「はい,100円」
「はめられた」
d0179225_22224941.jpg

[PR]
by kumakuma1103 | 2014-02-23 22:36 | Comments(4)

いや,ちゃうやろ

家にきていたパンフレット.
d0179225_16230998.jpg


ゴミの発生は高崎の経済が発展している証しといわれてもねぇ.

ネットで調べるとこんな感じ.
経済が発展しているのではなく,
別の要因がありそうですね.
どういう理由で排出量に地域差がでてくるのか
気になるところです.
d0179225_16243427.png


[PR]
by kumakuma1103 | 2014-02-20 16:35 | Comments(0)

12月26日の予定

自然地理の授業で,荒牧→総社→岩神→川原と歩くことに決定.
結構ナイスなルートとなりそう.

見所は,
・川原の用水路
・上毛大橋からの眺め
・佐渡奉行街道(旧三国街道)の路村(U君宅付近)
・天狗岩用水と五千石堰用水の関係
・群馬初の水力発電所
・火山麓扇状地の地層と地形の関係
・天明泥流の被災者への供養碑
・力田遺愛碑
・総社周辺の古墳
・総社宿の地割
・岩神の飛び石(近くに発電所もあったような)
・敷島公園〜荒牧キャンパスまでの旧河道

さきほど中間地点にある公民館に
休憩の許可を取ったのでこれで一安心.

歩く距離は8kmぐらいか.
歩くなら群馬が楽しいですな.
広島はやっぱりイマイチ感が....
とはいえ水曜日下見にでかけてみますが.

おしまい
[PR]
by kumakuma1103 | 2013-12-16 09:51 | Comments(3)
木曜日の授業で使います.
d0179225_21064854.jpg
明治後期2万「上安」「祇園」を張り合わせて作成.
川内村って「輪中」なんだなと改めて気づいた次第.
緑井村の集落はまさに自然堤防上にあります.
広島菜産地で有名な川内地区ですが,
このころは水田一色.
いつから広島菜がさかんになったのでしょうか?

この辺りは,太田川の氾濫原(自然堤防帯)にあたるところ.
安川(一番西の川),古川(真ん中の川:江戸初期まではこちらが本流),太田川(一番東の川)の水をどのように得てきて,水田ができたのか?
なぜ,八木用水を整備しなければいけなかったのか?.
群馬のように近世から開発が進められてきたのとは
違うことが生じているようです.

八木用水は,安川と古川の間の中洲地域を灌漑するために作られました.
両側に川があるから使えばいいんじゃんと思えそうですが,
安川の水は,安川右岸の田の水として
優先的に使われてきたので,あまり使えないし,
そもそも古川にはあまり水がなかったという事情があります.
水田にできる低湿な土地があるのに,水がないことから,
可部のほうから延々と水をひいてきたのが
八木用水ということ.

群馬との比較でいえば,
後背湿地に用水が流れているということが
特徴として挙げられます.
江戸後期という時代的なものか,
あるいは開発が中世以前から
行われてきたということが効いているのか.
答えはでなさそうですが,
面白いなと思います.

今週は,最新の地形図と,
昭和40年代の地形図,
そしてこの明治の地形図の3枚を使って
授業を組み立てようと思っています.

ちなみにこの地形図に範囲内に,
僕,家内の実家,弟の自宅などがあり,
完全に生活圏内です.

[PR]
by kumakuma1103 | 2013-12-10 21:25 | Comments(0)
チャンガランカ・ラカンから
北に向かって民俗博物館へ。
しかし10時オープンなのに,
まだ8時過ぎ。
まあいいや早くあけてくれるかもと
先に進みます。

軍のトラックに積まれた生徒たち。
d0179225_18223919.jpg

d0179225_1821405.jpg



そういえば,制服をきた男子高校生二人が
歩きながら瓶ビールを飲んでいました。
写真を撮ろうとしたのですが,
瓶が隠れたところのスナップでした。
[PR]
by kumakuma1103 | 2012-08-25 18:23 | Comments(0)

兎と亀

前のブログで
松井田町誌では「兎沢」になっていたが,
壬申地引絵図では,小字名が「亀沢」に
なっていて
よくわからんと書いていました.

今日,県史を眺めていたら
このあたりの絵図が巻頭カラーページに
のっていました.
赤い線は中山道で地図の上のほうに
関長原の地名が見えます.
d0179225_9205897.jpg


拡大.
d0179225_1241551.jpg








兎に読めますが,
素人目には亀でもいいかも.
でも絵図だけでなく,
「安中志」にも文字で
「兎」とあるようなので
ちょっとまだペンディング.

「安中志」のオリジナルを
みてみたいですね.

僕は,原文をおこすときの間違いで
正確には亀沢だと思いはじめていますが.


さあ,太田仕事をしよう.
インド仕事は明日やる.
[PR]
by kumakuma1103 | 2012-05-02 09:32 | Comments(0)